123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日見た夢

たぶん、大河ドラマ『北条貞時』の第一回。
館で火事が起こり、幼少の貞時は従者とともに厩に逃れるも、そこにも火がまわり、あわや、というところに、「幸寿丸様!」と飛び込んでくる頼綱……というところで目が覚めました。
ハチかっこよかったよハチ。
乳母夫と若君いいよ乳母夫と若君。
続きもすごく見たかった。

スポンサーサイト

酒日和

今日は大高へ、酒蔵見学に行きました。

SN3G0118.jpg

画像の樽にも名前の見える、神の井酒造さんと、山盛酒造さんと、二つ回って、酒蔵の見学&お酒の試飲をさせてもらいました。
酒蔵の中は、お酒に近い、でもお酒よりも更に甘い、何とも素敵な匂いに満ち満ち。
思わず立ち止まって、ウットリしてしまいました。
おみやげに、二つの酒蔵で試飲させてもらった中で、それぞれ特に気に入ったものを一本ずつ買い、家に帰って、昨日、このお酒のために知多まで行って買ってきたフグで鍋を作って食べました。
そして、飲みました。
明日の酒肴は、豚ねぎまと「このこ」の予定。
すばらしい。
余は大満足。

みどりちゃん(小鳥)もかわいくて、更に満足。

SN3G0115.jpg

小松菜を傘のようにして、くつろぐ。
みどりちゃん、すっかりご機嫌なおって、私への態度も元通りです。
ちょうど、二年前の二月最後の土曜日にみどりちゃんに出会って、その翌日の日曜日に、わが家へ来ていただいたのですよ。
もはや懐かしい。
これからも、ずっと元気でいてほしい。

『金とく』

朝起きてご飯を食べて、テレビをつけたら、そこには吉田類。
あれ、BS-TBSだっけ?と思いつつ、番組表を見たら、昨日の『金とく』の再放送でした。
「美酒のお供に・・・ おつまみ倶楽部」だそうです。
おいしそう……。
朝から飲みたくなってしまいました。

流石

今回の『歴史秘話ヒストリア』は、「空海からの贈りもの~天空の聖地・高野山~」でした。
これがもう、びっくりするような擬似親子推しで(叔父甥にして師弟の空海と智泉)、さすが、NHKのアニキは、今年も私の好感度上げに余念がないな!と思いました。
あと、放送直前に何かを感じて、HDの録画ボタンを押した、親子に関する私の鋭さも半端ない。


続報・みどりちゃん

今朝、鳥カゴにかけた布を取って、「おはよう」と声をかけると、私がいるのとは反対側の肩に顔をうずめて寝たふりをする。

覚悟とは読んで字の如し

ちょっと汚い話なのでたたみます。

異臭さわぎ

先週、ケーキを焼いた直後の部屋で、ぶり大根を作ったら、みどりちゃん(小鳥)が「異臭!?異臭!?」という感じで騒ぎ出したわが家。
昨日は、車で知多半島まで行って、フグを買って鍋にした部屋で、食べたりないので、一緒に買ってきた干物を焼いたら、また「異臭!?異臭!?」と。
鳥も臭いを感じるんでしょうか……みどりちゃん、クチバシのつけ根にかわいい鼻の穴はあるけれども。
まさか、炭鉱のカナリア的なものだったらどうしましょう。

連休日記

三連休の初日は、友だちと岡崎に行ってきました。
目当ては、岡崎城で開催されている、「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」
最初に、三河武士のやかた家康館で、エヴァをイメージした様々な日本刀を見て、その後、お城の方でロンギヌスの槍などを見ました。

eva1

場内のほとんどが写真撮影OKだったので、携帯電話のカメラでですが、撮りまくりました。
これは、三河武士のやかたの方で、うわあ、と思った「セカンドインパクト短刀」。
よく見ると、刀身に、ゼーレの紋章と、セカンドインパクトの年月日が入っています。
他の刀に比べると小さいのに、禍々しい感じ。
私たちは、10時半だったか11時くらいに会場に入りましたが、それでも、会場の中では多少並びました。
しかし、一通り見て、次はロンギヌスだね、と外へ出ると、そこには建物の外まで行列が(おそらくチケット売り場)。
外で並んでいる人たちに、ちょっと前まで建物の前でショーをやっていたと思しき、「葵」武将隊が、カイロを配っていたのが印象的でした。
武将やさしい……!

eva2

お城の前に、制服姿のマリと並んで立っていたシンジ君(のパネル)。
かわいい。
気合を入れて撮った。

eva3

そして、ロンギヌス。
この写真では、まったく分からないけれど、近くに寄ると質感というか、模様というか、それがすごい。
ダマスカス鋼なるアレでできているらしく、上映されていたロンギヌスの槍ができるまでのプロジェクトXを興味深く見ました。

eva4

日本刀展の後は、まるやで工場見学をしました。
工場の中に、まだ日吉丸だった頃の豊臣秀吉が、お腹が空いてこの家の蔵に忍びこむも、蔵番に追われ、井戸の中に石を投げこみ、蔵番が井戸を探している間に逃げた、という話の残る井戸があって、中を見せてもらいました。
深い井戸。
後に出世した秀吉が、東海道を行く折、謝罪に訪れたそうです。
さすが岡崎。
「鉄道唱歌」に、
《矢作の橋に残れるは 藤吉郎の物語》と歌われた場所だけあります。

eva5

帰りに名駅を通ったら、コンコースに、例のジャン・レノのピンク色クラウンが飾られていました。
CMで見るよりは、キツくないピンク。
しかし、自分が「いつかはクラウン」するなら、隣にチラリと見える黒い方だろうな、と思いました。
いや、しかし、クラウンは私にはまだまだまだまだお高い車。
村井さん(愛車)が、そろそろおじいちゃんもおじいちゃんなので、買い替えようと考え始めて、はや二年経ちます。
しかし、何を買うかは未だ決まらず。
おかげで、前よりちょっとだけ車のことに詳しくなりました。

これだ!

ひとつ前の記事の最後に書いた、昔も今も変わらぬかわいさ、って、元ネタなんだっけなんだっけ、と考えていましたら、豊橋名産ヤマサのちくわでした。

これ
昔も今も変わらぬうまさ。

でかした

自作カレーのおいしさに負けて2杯。
うち1杯は、完全に大盛り貝塚。
これからデザートで雪見だいふくです。
狸ちゃんが、普通のと一緒に期間限定のベリーレアチーズケーキなる雪見だいふくも買ってきてくれたので、何か褒美を取らせたい。
あと、雪見だいふくって、みどりちゃんに似てるよね。

midori5.jpg

こういうとき(怒り心頭時)とか、特に似ている。
これは2年くらい前の画像で、みどりちゃんがうちに来てから、もうそれくらいになります。
昔も今も変わらぬかわいさ。

人間的に成長してやる

ちょっと前に、うちの父親が書いた短い文章を読む機会がありました。
そこで、書かれている内容よりも何よりも、うわあ、と思ったのは、父親の書く文が、私とソックリだったこと。
うわあ、より正確には、うへえ。
それはもう、明日このブログを書く人間が、私から父に変わっても、気づく人は多分いないだろうと思うほど。
相手は親なので、向こうがこちらに似ているのではなく、こちらが向こうに似ているものと思われる。
しかし、何でしょうか、この言うに言われぬ悔しさは。
あんまり悔しいので、チョコレートを食べています。
今。
チョコなんて久しぶり。
わが家は今晩カレーですが、その隠し味に入れんと買ってきた板チョコ。
チョコレート食べると落ち着くのは何故でしょうか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。