123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お米

先週の金曜日、ちょうど1週間前に、炊飯器が壊れました。
今日は炊き込みご飯だ、と支度をして、炊飯器のスイッチを入れるも、反応なし。
普段なら、要所要所でプーとかピーとか鳴って、圧力釜が圧力をかけていると思しき音がして、湯気…湯気が出ていたかは、ちょっと記憶がありませんが、とにかく、今炊いてるぞ!という何がしかの反応があるのですが…。
とにかく、何の動きも見えないまま、タイマーの時間が経過して、おそるおそる蓋を開けてみると、ご飯が炊けていました。
だから、正確には、壊れたというのとは、少し違うのでしょうか。
しかし、炊き上がったご飯は、お世辞にもおいしいと言える代物ではなく、私、生まれて初めて捨ててはいけないという責任感のみで炊き込みご飯を食べました。

このままではいけないので、炊飯器は修理に出し、出したところでお店の人から言われた修理にかかる期間が、2週間。
それから1週間、家で炊いたご飯なしの生活を送っております。
正直、もう限界というか何というか…。
明日は土曜日でお休みなので、いよいよお鍋でご飯を炊くのに挑戦します。

スポンサーサイト

『ごんぎつね』 礼讃

今も昔も小学校の国語の教科書に載っている、新見南吉の『ごんぎつね』。
あれは、優しく生きることは美しい、が、リスクがある(場合によっては死ぬ)。
リスクがある、が、美しい。
さあ、お前はどう生きる?と静かに迫ってくる話だと私は思っていて、そう考えながら読むと、兵十の母親が死に際に食べたがったウナギを、いたずらで逃がしてしまい、後になってそれを悔いて、必死に償うけれど、空回りの果てに、分かってほしかった相手、自分と同じ親なしの境遇にシンパシーを感じ、おそらくは友情を感じていたんだろう兵十その人の手に寄って命を落とす、《ごん》は、ウナギを逃がしてしまった後、兵十が病気の母親のためにウナギを獲っていたことに気づいて、

「兵十のおっ母は、床とこについていて、うなぎが食べたいと言ったにちがいない。それで兵十がはりきり網をもち出したんだ。ところが、わしがいたずらをして、うなぎをとって来てしまった。だから兵十は、おっ母にうなぎを食べさせることができなかった。そのままおっ母は、死んじゃったにちがいない。ああ、うなぎが食べたい、うなぎが食べたいとおもいながら、死んだんだろう。ちょッ、あんないたずらをしなけりゃよかった。」

(引用は青空文庫から)

なんて考えなければ、考えて、兵十に償いのようなことなど始めなければ、後々まで、中山のいたずら狐として、おもしろおかしく暮らせただろうに、と思うと同時に、ひがん花の赤と、兵十の取り落とした火縄銃の口からのぼる煙の青で彩られた秋の風景の中に、《ごん》の骸のぽつんと置かれた、その絵の美しさに、たまらなくなります。
そして、こんなことを、ストレートに子どもに伝えることなど、できるはずがないので、ゆえに、『ごんぎつね』は、これから100年経っても教科書に載り続けてほしい、と思うのです。

10月6日7日は、半田の秋祭り。

深キョンがかわいい、という話。

『平清盛』見ました。
ここへ来て、時忠がグイグイいいですね。
主人公・清盛の義理の弟で、平氏の人間だけれど、ストレートに味方、とは言い難い、しかし憎めない。
軽薄で口が悪く、厭世家のようでそこそこ野心家で、頭が良い割に粗忽で、怠け者に見えて行動は早く、武闘派とは言えないけれど荒っぽい真似も厭わず、利己的な言動が多い割に、どうも姉妹思いだけは本当らしい。
複雑なキャラクターに、森田剛のちょっとスネ夫入った容姿と声がよく合います。
今回は、東西の悩める若者のうち、西の重盛の精神汚染がとうとう始まったな、という感じの回でしたが、時忠の活躍(暗躍と言うべきか)と相まって、裏テーマは、もしかしたら、時子の覚醒なんじゃないかと思ったり。
つまり、最終的に時子は壇ノ浦で、孫でもある安徳天皇を抱き、三種の神器の二つまでを持って入水して果てる訳ですが、そこで平家滅亡とあいなりました、となる訳ですが、それをやるには、今の時子でも、まだ足りないように思える。
もちろん、今の時子だって、初登場の頃と比べれば、それは別人のように成長しているんだろうけれど、まだ、もう一声!と。
もう一声行って、自分は清盛とともに今の平氏を造り上げたという自負も超えて、己の死ぬときが平氏も滅びるとき、三種の神器?責任取ったるわい!という、凄まじさというか、何というかもう、タナトスの女神のようになってほしい。
今回、ラストが琵琶を弾く時子でしたが、あの時子は、基房の一行を襲ったのが、少なくとも重盛の手ではないと気づいているように見えました。
あれは覚醒かな?
どうなんでしょうか。
何にせよ、次回以降、今まで重盛を次期棟梁として立てていた時子が、どんな行動に出るのか、実子の宗盛をグイグイ押し出すのか、それとも、徳子の入内に積極的に関わるのか、楽しみです。

今週の罪

録画していた『平清盛』を見返したら……重盛に……ヒゲが……。
とうとう重盛にまで……。
かわいこちゃんにヒゲは要らぬ、と常々、今年の『清盛』に限っていえば、家盛あたりから主張し続けてきました。
なのに、重盛にヒゲが……。
清盛のワイルドなヒゲ、頼朝の憔悴を表す生えっぱなしのヒゲなどは、意外と好きなんですが、もうね、もう、時間の経過を示すためだけに、かわいこちゃんにヒゲを生やすのは止めてほしい、と。
だってあなた、あの『北条時宗』の最終回で、時宗にヒゲがあったら……どうですか?
ラストシーンが台無しだったと、思いませんか?思わないか?私は思います。
こうなると、残されたアレは、もはや義経のみです。
義経のキャラ的に大丈夫そうですが、NHKの兄貴には、神木君の顔に要らぬものをウッカリ付けて出したりせぬよう……!

ただいま!

帰ってきました。
みどりちゃん(小鳥)も元気です。
(比較的)画像が多いよ!

midori58.jpg

こちら、出発前のみどりちゃん。

midori59.jpg

JRの駅で買った、みどりちゃんの切符。
270円也。
《普通手回り品切符》と書かれています。

midori60.jpg

新幹線車内のみどりちゃん。
鳥カゴを入れた紙袋にかけた青い布の陰に、半身だけ見えております。

midori61.jpg

まみちゃんの実家で。
用意してもらったカゴに入って、落ち着いた様子のみどりちゃん。
奥に見えているピンクのカゴが移動用です。
水入れは、普段使っている物を持っていきました。
新幹線の中でも、まみちゃんの実家でも、みどりちゃんは全く慌てず騒がず普段どおり。
普段どおりすぎて、エサを常に床に食べ散らかしていたことは、ちょっとアレでしたが。
あと、日曜日に『平清盛』を見ていたとき、カラスが鳴いたのにはずいぶん怒っていらっしゃいました。

おはようございます。

ただいま出かける準備中。
荷造り気分を高めるため、『大阪豆ゴハン』の旅行の荷物が云々、という回をチラチラ読みつつ。
(同じ場所へ出張に行く社長と河野さんの荷物の量が全く違って~という回ですよ)
サラ先生、(たぶん)「モーニング」で新連載始まるそうで。
しかし、個人的には、『誰も寝てはならぬ』で、ヤーマダ君と亜美さんが結局どうなったのかが気になります。
ゴロちゃんとハールキちゃんがどうなったかが気になるのは言わずもがな。
ところで、出かける準備の中には、家にいない間のテレビ番組を録画予約しておくこと、なども含まれます。
明日の『あさイチ』のプレミアムトークが、杏さんですってよ!ということで、忘れず予約。
日曜以来の数日、政子のかわいさで何とか乗り切っておりました。
政子with猪。
政子with投網。
政子meets頼朝。
頼朝on政子。
政子on猪。
政子meets猪。
猪meets政子。
猪おいしいよ猪。

ぼくの夏休み

明日から頂く遅い夏休みが三連休とコラボしたので広島に行ってきます。
4泊5日。
今回は、みどりちゃん(小鳥)も一緒です。
みどりちゃん、新幹線に乗って、名古屋から広島までで270円ですって!
宿泊先は、まみちゃんのご実家ですが、どうやら、みどりちゃんのために新しいカゴが用意されているらしく。
みどりちゃん、わが家の本宅1、移動用2、私の実家に別宅1(以前うちで使っていたカゴ)、まみちゃんの実家に別宅1(←NEW!!)で、計5つのおうちを持っていることになって、トムピリピさんもビックリの不動産王です。

今の今まで

見ていたNHKスペシャルの内容が衝撃的すぎて、視聴中から段々具合が悪くなってきました。
9月12日と13日の間の深夜に再放送があるそうなので、未見の方は是非。
この気持ち悪さを共有してほしい。
私の大金の基準は200円であります。
そして、衝動的に何かしてしまわないために、検証の検証も是非。
ここで誰かに、とか言ってしまうところが、己の駄目なところだな、とじっと手を見ました。

備忘録

来週の日曜は、『平清盛』を18時からBSで見て、20時からは地上波で『ビフォーアフター』を見る。
高専ラグビー部の部室リフォームですってよ!

『平清盛』 眉なしプリンセス来た!

親から、娘ならもっと娘らしくしろ、と言われる、いわゆる「男まさり」の姫君(実は美人)、というパターンは、今まで大河ドラマに限らず、様々なフィクションで、何度も何度も目にしてきましたが、さすがに、イノシシを背負って現れ、未来の夫を投網で捕まえる姫、というのは初めてです。
それはもう、男に勝るとかそういうレベルじゃなく、どうせやるならここまでやる、というのが。
また、思い切った汚さ(特に髪)も、このドラマならではで、半年前の主役と同じレベルで、一周回ってすがすがしい。
政子かわいいよ政子。
あと、先週あたりから、盛国さんがグイグイ怖い。
いつのまにか、わが家での呼び方が、盛国から盛国さんへ、ごく自然にチェンジするくらい怖い。
先週はツンデレ(後白河氏を指す)のターンかと思ったら、ヤンデレのターンでもあったんですね。
しかし、清盛周りのヤンデレは、いつも斜め後ろから殿を見つめています、いつも、いつも、いつまでも……の方だけでなく、物理的な距離はちょっとありますが、本日投網で捕まっていた方や、今週ラストでついに登場した神木君も予備群としてあり、実子の意地でがんばりそうな長男もあり。
この状況で、そういう意味では呑気にしていられる主役のスルー力ってすごいな!と思いました。

今回、久しぶりに登場した(ような気がする)頼盛は、八条院や以仁王やすめちゃん(家電の人を指す)に呼ばれて、参議にするとかしないとか言われていたときには、家盛のことを思い出す感じだったのが、終盤の兄との場面では、完全に忠正と重ねられていました。
これからも小うるさく平氏を、のところでは、ああ、昔忠正も忠盛にこんな風に言われていたな、と。
これが、都落ちに頼盛が同行しない伏線なんだろうな、と。
しかし、今後もイベントいっぱいで、本当に年末までに清盛の最期、壇ノ浦まで行けるんでしょうか。
心配です。
しかし、だからと言って、北条の出番はあまり削らないでほしいという私情。
あるいは我儘。
時政かわいいよ時政。

米の力

職場の人が、お米パンくれました。
パン屋で先着何名様的に配られていたパンを、今うちにパンいっぱいあるから、と。
すごく嬉しかった。
心から心をこめて、ありがとうございます、と言ったけれど、わが身の内にある感謝にはまだ足らぬ。
どうしてくれようか。

さようなら社長

「社長」と呼んで愛用していたイスが壊れました。
このとき、新品に近かったはずなので、寿命は6年ほど。
社長は、社長の割にお値段はリーズナブルだった記憶があるので、高い買い物だったのか、安い買い物だったのか分かりません。
ちなみに、壊れ方は、座る部分が下のクルクル回る部分から外れて、外れるときに他の部品もバラバラ落としながらの取り返しのつかない感じで。
みどりちゃん(小鳥)が、エアコンの上に乗って室内を睥睨する姿勢で下りてこなくなったのを、危ないから下りていらっしゃい、と促すためイスに乗り、下りるとき、肘掛けに足を引っかけて、私は無傷だったけれど、社長が大破。
気の毒なことをしました。
ところで、みどりちゃんは、新しいカゴに移って以来、スペースが広くなったせいか、前より飛ぶ力がついて、最近は、あれほど嫌がっていたカゴの外にも、むしろ積極的に出たい感じです。
お気に入りの場所は、上にも書いたエアコンの上と、カーテンレールの上。
それに、熱田さんのお札が置いてある、わが家の神棚的な場所で、頼むから、そこで粗相はしてくださるな、と思います。
そして、社長が壊れたので、新しいイスを買いました。
一昨日注文して、土曜日にはお店に届くそうです。
引き取りのとき、社長を持参すれば無料で引き取ってくれるそうで、ありがたいです。
社長は、元の二分の一ずつ、体が二つに分かれてしまったので、村井さんの後部座席にも、余裕で乗ってしまいます。
ここ数日、パンの缶が爆発したり、社長が壊れたりで、忙殺のケでも出てるんじゃなかろうか、とか何とか。
次は己が真っ二つになったりしないかと、心配になってしまいます。

本当はこわいパン

昨日は防災の日だったので、わが家でも緊急時の避難場所を確認したり、非常持ち出し品のチェックをしたりしました。
非常持ち出し品のチェックは、主に水や食料の消費期限チェック。
大方が来年交換すればいいかな、という状態だったんですが、中でただ一つ、消費期限の切れた缶詰のパンがすごかったです。
まず、非常持ち出しのリュックを開けた途端にただようイースト臭、そしてレーズン臭。
昨年の今頃、非常持ち出し品を揃えた際に、とりあえず今手元にある保存食、として、リュックの中に突っこんだ缶詰のレーズンパン、今年の春に消費期限の切れたパンの缶詰が、リュックの中で爆発していました。
何がしかのガスで膨らんだパンが、缶の蓋を中から開き、一目見た瞬間、
『生物都市』みたいだな、
と私は思いました。
あるいは、「おらといっしょにぱらいそさいくだ!」のアレ。
しみじみ諸星物件でした。
饐えたレーズンパンで汚染されたリュックと、一緒に入っていた品々は、ファブリーズしたり洗ったり干したり捨てたり色々。
非常持ち出し品のチェックは、なるべくこまめにやっておくべきだな、としみじみ思いました。

今週の『平清盛』見ました。
後白河氏の首のできものがサイコロで清盛の手に……のところで、おもしろすぎて変な声出ました。
あれも、いわゆるひとつのツンデレという理解でよろしいのか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。