123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャッキーの性別

パスコのスナックパンが好きです。
幼児の頃から、今に至るまで。
大人になりきれていないんでしょうか。
ところで、スナックパンの袋には、「くまのがっこう」のイラストがプリントされています。
おやつに食べながら、ふと、袋の裏に書いてある説明などを読みました。
そこで、ジャッキーが女の子であることを、初めて知りました。
ジャッキーは、「くまのがっこう」の主役で、12匹兄弟のうち一番小さいくまです。
女の子か……なぜか軽くショックです。
しかし、だとすると、逆シスプリじゃないですか、「くまのがっこう」。
お兄ちゃんがあと1匹増えれば、完璧です。

スポンサーサイト

『平清盛』見ました。

箇条書きで感想。

ヤマコー恐い。
鳥かわいい。
逆ギレは良くない。
反省したのは偉い。
大東君が心配でたまらない。

前回が美女まつりだったのに対し、今回はお歯黒まつり。
摂関家の家族団欒は、くつろげないこと山の如しです。
先週、丸くて大きな黒い瞳で我々を吸いこみまくった深キョンは、今回おやすみ。
残念です。
その代わり、今回は、先週、清盛の言葉を借りれば、何と清げな美しさと強さで個人的に株が急騰した明子さんと、ミドルネームをツンデレにしたい由良御前が。
あと、できたら崇徳帝も美しい人の方にカウントしたいニャー、とファー様を気取りながら見ていたら……たら……!
あれは正直予想外でした。
そこはさすがに期待していなかった。
もしかして、あれが出家の理由?ですか?(違)

清盛が逆ギレした頼長との対決のくだりは、理屈で言えば完全に頼長の勝ち。
わざわざ証拠を集めた上で聞いてくれているんだから、内大臣ってば、おそらくこの時代にしては、破格にちゃんとしています。
ただ、頼長の方も、理屈では現実やっていけないことが、その後の信西との会話で分かって、頼長が政治的に失敗することが暗示されているようで、上手いな!と思いました。

清盛は……清盛は、とりあえず反省したんで、今回は良し。
その、ほら、のびしろにアレですよ。
もうじき、お父さんになるみたいだし、盛国もついてるんだから、きっと大丈夫。
盛国……元鱸丸、あの人は、いい家来ですね。
賢くて気が利いて冗談も言えて。
とても、何年か前は一豊くんだったとは思えません。

一豊くんと言えば、今回の康豊くん(義朝を指す)は、ロードオブザリングでマンガ肉でした。
都でツンデレが待っているから早く帰っておいで。
パパも心配していましたね。
いいですね、いいですよ。
そして、康豊くんは一豊くんの弟ですが、弟と言えば大東君が……!
いよいよフォースの暗黒面に落ち始めていますね。
心配です、非常に心配です、一部楽しみです。

楽しみと言えば、来週は、三人目こと後白河氏が登場するようで、楽しみです。
予告を見るに、今週はおとなしめだった得子VS璋子も熱いみたいで、楽しみです。
今週、水仙から菊にチェンジのあたりで、とうとう璋子がアップを始めた感じでした。
早く、早くリングに上がって!

モツ完結編

モツ煮できました。
食べました。

motsu.jpg

おいしいです。
レシピ通りだと味の濃い料理に慣れている身には、ちょっと薄いので、味噌を足しました。
もちろん赤(味噌)ですよ。
圧力鍋はアレです。
加圧しているときのシューシューいう音の不安に耐えられれば、特に扱いに問題はないと思いました。
次は角煮だな。

midori48.jpg

こちらを見るみどりちゃん(小鳥)。
最近、目に見えて肥えてきたため、エサを徐々にペレットに切り替え中です。
みどりちゃんの横に、ちょっとだけ写っているのは、おやつ兼非常食の粟の穂。
休日など、見ていると、1日中ついばんでいるので、太った理由はもしかするとこれかも……と思いつつ。
腹まわりが、ずいぶんムッチリとしてきました。

モツその2

急冷できたよ!

ただいま、野菜を入れて二度目の加圧中です。
数日前から、私の中で空前の「たま」ブームが来ているため、ずっと「たま」の曲を聴きながら調理をしています。
今は、『しょぼたま2』で、「電車かもしれない」。

しょぼたま(2)しょぼたま(2)
(2003/07/25)
たま

商品詳細を見る


空前の、とか言いつつ、CDこれと『さんだる』くらいしか持っていません。
「電車かもしれない」が、いったん終わったので、もう一度初めから聴いています。
物理の成績の悪いモツになるな、これは。

やっぱりモツが好き

圧力鍋を買いました。
正確には、ちょっと前に買って放置していた圧力鍋を、ようやく箱から出して、初めて使っています。
現在、煮ているのはモツ。

これです。

実家にも圧力鍋はあったのですが、その圧力鍋は、大きすぎたため、手を出したことがありませんでした。
私が買ったのは、4リットルのものです。
これくらいが、取り回し(と収納)が楽でいいかと思いました。

今は、上のリンクのレシピで、4.のところをやっております。
白モツとショウガとニンニクを加圧、生まれて初めての加圧です。
今、安全ロックピンが上がりました。
と、思ったら、もうシューシュー言い出しました。
取扱説明書に従って、火を弱くして、タイマーもかけましたが、正直とても不安です。
だって音が、弱火にしても、ずっとシューシュー言っています。
大丈夫なの?これ大丈夫なの?と思いつつ、安全性では人後に落ちないのを買ったんだから、当然大丈夫、などと。
一度目の加圧が終わったら、この後は急冷という、できるかな度の高そうな工程が待っています。
がんばって、おいしくモツを煮よう。
野菜はもう全部切ってあるので、後は煮るだけです。
シューシュー言うのが、更に大きくなってきています。

浜納豆・礼讃

最近、お昼ご飯の定番は、持参したお握りです。
雑穀を混ぜた米を炊いて、中に浜納豆を5粒ほと入れたお握り。

浜納豆をご存じない千葉などに住んでいるあなたのために。
こういう物です。
母方の祖父の好物でした。
私も大好きです。
欲しければ送ります。

お握りは、成人男性の拳くらいの大きさのものを一つ作って、持っていきます。
それに味噌汁も添えて。
私は、浜納豆にちなんで、これを兵糧と呼んでいますが、まみちゃんからは、山仕事をするおじいさんの昼食、と言われます。

髪を切りました

久しぶりにショートカットと言っていい長さ。
カットだけに行くと、たいてい短くしすぎます。
少し前に、やはり髪を切った友だちが、『智恵子抄』みたいにされた、と言っていたのを思い出したので、新潮文庫の『高村光太郎詩集』を持っていきました。
「火星が出てゐる」という詩が、自分でも理由はよく分からないまま、大好きです。
もう、むやみにかっこいい。
あと「触知」。
持っていった文庫には入っていませんでしたが、
《ほんとに君をつかまへてからはじめて君を君だと思ふ》
と最後の部分が、特にしびれるな!と初めて読んだとき思いました。
今も思います。
しかし今は全体にしびれる。

『平清盛』見た!

第6回。
第一部・完 という感じの回でした。
清盛が、母親の歌を思い出したり、相変わらず世界が兄を中心に回っているっぽい叔父さんが、ちょっと男気のあるところを見せたりするのも、実に、第一部・完。

ラストは、船の上で兎丸とタイマンでした。
兎丸に、お前が余計なことを言わなければ、俺はずっと父上の息子でいられたというのはね……もう!ね!
それがお前の本音か、と思ったら、ウワーッとなりました。
お父さん、聞かれましたか?
いや、でも清盛は、自分で言うように、父を失ったわけじゃないと思うよ!
しかし、兎丸の漫画っぽいキャラクター、民民くり返すあのセリフというのは、何というか、説得力を出すのが難しいな、と思いました。

ここまでの清盛が、ずっと誰かに似ているな、と思っていたのが、今回誰か分かりました。
あれだ、『クローズZERO』の主人公、滝谷源治。
自分というものの安定していない、周りの同年代に比べても未熟な感じ。
力を持て余して、くすぶっている感じ。
こいつが俺のボスだ、と担いでくれる下がいる。
不良だけどボンボン。
お父さん大好き……と言い切るには複雑な感情がある。
異性はまだよく分からない。
他人……変な大人の言葉に乗せられやすい、思いつきで色んなことをやり、失敗することも多々。
なかなか成長しない。
泣きがち。
などなど。
ラストが水っぽいところでのタイマンというのも似ています。
ただ、喧嘩のスタイルは源治とは違って、鈍器としての剣を振り回してのそれ。
源治は、たぶん組を継ぎそうにないけれど、清盛は、これから、紆余曲折ありつつも組……もとい、平家を継ぐんだな、と思うと、幼年期の終わりに胸が熱くなります。

また、タイマンに胸が熱くなると言えば、璋子VS得子が。
廊下でぶつかったとき、璋子がスッと横にずれて、得子に道を譲ったのは、何だかすごいな、と思いました。
璋子の後ろにいた、堀川局も驚いているように見えました。
リングに上がって来いや!ワシと戦えや!と得子さんが言っている(ように見えました)。
言葉の正しくない意味で、今回は、璋子の不戦勝です。
2人がガチで殴り合うのを見たいなあ。
右手に釘バット、左の拳にメリケンサック、唇に火の酒、背中に人生を。
(主に得子の)気が済むまでやらせてあげたいなあ。

『平清盛』見た!

今週は(確か)第5回。

「赤い」「赤いな」「赤さはどうでもいい!」というのを思い出しました。

信西とか西行とか、教科書的な知識の先行している人については、俳優さんの名前で呼ぶのでなければ、後の信西とか、後の西行とか、呼びがちです。
ゆえに、作中で今現在の名前が覚えられず、今週は、ドラマが終わった後に電話をしていて、後の西行を、さとうよしきよ、さとうよしきよ、と呼んで、のりきよですよ、と友だちから優しく指摘されました。
佐藤義清で、さとうのりきよ、って、完全に引っかけですよ。
恥ずかしい。

楽しみにしていた璋子VS得子、本格的なバトル開始は来週以降のようです。
バトル……、しばらくは一方的なアレですが。
璋子の「璋」の字が、「たま」だと変換に出てこなくて不便です。
「しょう」だと、単漢字の下の方に入ってました。
得子が璋子を指して言う、ふくぶくしい女、というのに、思わずニヤリとしました。
漢字で書くと福々しい女。
璋子にぴったりの表現だと思います。
何てすばらしい悪意。
何をされたわけでもないのに、なぜ得子が璋子を執拗に追い落とそうとするのか、この一言で分かるなあ、と。
キャストが決まった後に書いたなら、脚本の人がえらいし、この表現の後にキャストを決めたなら、キャスティングの人がえらい。
璋子VS得子+鳥羽上皇は、中の人も皆好きな方なので、これからすごく楽しみです。
そういえば、まみちゃんがやたら鳥羽さんに肩入れしていて、かわいそうだ、かわいそうだ、と言っていました。
確かにかわいそうだけど、この人だって奥さん複数いるんだから、どっちもどっちじゃないの?と言ったら、そういう問題じゃない!と怒られました。
そういう問題じゃないそうです。
鳥羽さんの友だちなんだろうか。

割と主役を応援しながら見ているので、今回の叔父さんは、本人にそんなこと言ってやるなよ、己の兄に言えよ、清盛にどうしろっていうのよ、と思いつつ、しかし切ないな、と思いました。
愛したいのに愛せないのか……。
あのセリフからうかがうに、叔父さんなりに、清盛が成長してからも何度か愛そうと頑張ったこともあったんだろうな、しかし、ダメだったんだろうな。
……何だかもう、今年の夏にタイムワープ的なことをして、早く保元の乱が見たいです。
今年の鬼当番は、清盛と義朝のどっちなのか、二人ともなのか。
今回は、前回が怒涛の親子回だったためか、親子についてはややおとなしめの回でしたが……源氏が!
やったね!源氏のW親子!主従で親子!
この従の方の鎌田親子も、保元の乱では敵味方に分かれて戦うそうなので……早く!夏!

ここまで書いて、保元の乱が本当に夏なのか、自信がなくなってきました。
来週は、ラブコメの舞台で名古屋が出るっぽいので、オラワクワクしております。

卵の写真

土曜の朝、『ぷれサタ』で照英を見ながら、みどりちゃん(小鳥)のさえずりを聞く喜び。

昨日の夜、みどりちゃんの卵の写真を撮りました。

midori47.jpg

下に敷かれた新聞紙に書かれた「匠技。」の「技」の横にある白いやつが、みどりちゃんの卵。
みどりちゃん、もはや私が巣に手をつっこんで、卵を取っても無反応です。
大きさを比較するため、百円玉を隣に置きました。
卵は軽くてプラスチックみたい。

midori45.jpg

卵を取られたときのみどりちゃん。
横に見えるのは粟の穂です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。