123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お兄ちゃん厄年だよ!

土曜日は新年会でした。
しかし日曜日に熱田神宮へお祓いに行く予定だったので、セーブして飲む。
飲む前に牛乳飲んで胃に膜張ってウコン飲んで、
水ビール水ビールで食べ過ぎると気持ち悪くなるので食べる方もセーブして。
飲んだ後にソルマック飲んで帰宅して直ぐに寝ないで酔いが引いた頃にシャワーも浴びて。
自分との戦いは楽しいです。

で、何とか二日酔いなく熱田さんに行きました。
先週末が大雪だったからか、大変な混雑でした。
後厄なので、清水の舞台からアレするつもりで諭吉先生にご出馬いただき、
ご祈祷していただきました。
普通にお参りだけで済ませた前厄の年はロクなことがなく、
本厄の去年はちゃんとお祓いして大過なかったため、用心深くなっています。
帰り道に境内で厄年早見表を見て、そういえば兄も厄年であることに気づく。
メールして知らせようかと一瞬迷ってやめました。
さすがに鬱陶しいかと思い。
一応テレパシーだけ送っておきました。

スポンサーサイト

例によって

土曜日なので、食べ放題の店に行き、朝昼兼用でオムライスとか食べてきました。
いま現在、自宅で食い倒れています。
部屋の電気を全部消して、カーテンを引いて、
暗い部屋で『銀河鉄道の夜』を見ながら、まみちゃんに借りたHOME STAR AQUAで
天井に星空を映して楽しんでいます。
天の川とか、結構きれいに見えるんですね。
FOR BATHと書いてあるので、お風呂用ですが、お風呂じゃなくても使えます。
りんどうの花、三角標……。
桑田乃梨子先生の『卓球戦隊ぴんぽん5』で、
ヒレツイエローこと山吹真理氏が、リンドウの花を見ると、
『銀河鉄道の夜』を思い出す、もちろんアニメのね。
でも僕は映画館で観たとき、画面がずっと夜なので眠ってしまったよ、みたいなことを
言っていましたが、分かるわー。
いま眠い。

ささやかで大きな違い

また『銀河鉄道の夜』の話です。
アニメ映画『銀河鉄道の夜』の原案になったのは、ますむらひろし先生のマンガですが、
そちらでは、タイタニック沈没の場面で、
子どもらばかりボートの中へはなしてやって、
狂気のようにキスを送るお母さんとともに、
悲しいのをこらえてまっすぐに立っているお父さんも、沈没する船の方にいます。
アニメでは、
沈没する船の方にいるのはお母さんだけで、
お父さんは、ボートへと飛んでくる子どもを受け止めた後、
息子を抱いて、狂気のようにキスを送るお母さんを見上げながら、
悲しいのをこらえてまっすぐに立っている。
つまり、沈没する船ではなく、ボートにいます。
原作の文章をみるに、マンガの解釈が正しいんだろうなあ、と思いますが、
映像にしたときには、確かに、
大きな船から子どもが飛び降りて華麗にボートに着地、というのも……。
なので、下で待っていて受け止める大人がいた方が納得できるよなあ、とも思います。
ゆえに、アニメの方も正しい。
だから何だという話ですが。

銀河鉄道の夜 (扶桑社文庫)銀河鉄道の夜 (扶桑社文庫)
(1995/03)
ますむら ひろし

商品詳細を見る

ますむらひろし先生の『銀河鉄道の夜』。
私が持っているのはこれで、最終形と初期形(ブルカニロ博士篇)が両方収録されています。
初期形(ブルカニロ博士篇)には、読んで字の如く、
ジョバンニが鉄道を降りた後(もしかしたら前にも)、
ブルカニロ博士という博士が登場しますが、
更に重要なのは、ブルカニロ博士が登場する直前、
つまり、ジョバンニが銀河鉄道を降りる直前、
つまり、カンパネルラがいなくなった直後に現れる、「やさしいセロのような声」の人。
声自体は、それまでもたびたびジョバンニの耳に届いていました。

上にアマゾンのリンクを貼った扶桑社文庫の『銀河鉄道の夜』は、
新刊で出たときに買った記憶があるので、私の手元にあるのは1995年から。
何かたぶんそういう気分だったんでしょう。
最終形も初期形も、好きなセリフに赤鉛筆で線が引いてあります。
中でも、「やさしいセロのような声」の人のセリフには、ほとんど。

有名な、
「さあ 切符をしっかり持っておいで
 お前はもう夢の鉄道の中でなしに 本当の世界の火やはげしい波の中を
 大股にまっすぐに歩いて行かなければならない
 天の川の中で たった一つのほんとうのその切符を
 決しておまえは なくしていけない」
はもちろん、
水が何で出来ているか、今は水素と酸素だと分かっているけれど、
昔はいろいろと議論した、といった後の
「みんながめいめい じぶんの神さまがほんとうの神さまだというだろう」の続き、
「けれども お互ほかの神さまを信ずる人たちのしたことでも
 涙がこぼれるだろう」
というセリフだとか。
「そして みんながカムパネルラだ」
というセリフだとか。
「ぼくたちは ぼくたちのからだだって考だって天の川だって汽車だって歴史だって
 ただそう 感じているのなんだから」
というセリフだとか。
特に、「そしてみんなが~」と「ぼくたちは~」は、
このときの、おそらく宮沢賢治の分身であろう
「やさしいセロのような声」の人の顔も好きだったようで、
コマ自体も赤枠で囲ってあって、速達郵便みたいです。

「やさしいセロのような声」の人が出てくる場面以外で、
赤線が引いてあるのは、たとえば、
鳥を捕る人がいなくなった後の、ジョバンニの、
「僕は あの人が邪魔なような気がしたんだ
 だから僕は大へんつらい」
とか。
アニメの方には出てこない部分でいうと、初期形の、
烏瓜のあかしを持ったザネリたちに、
「らっこの上着が来るよ」と囃されて逃げ出したジョバンニが、
町外れの川にかかった橋の上に佇んで、
「ぼくは どこへもあそびに行くとこがない」と独白した後の、
「ぼくは みんなから まるで狐のように見えるんだ」
とか。
過去の己ながら、
この子だいじょうぶかしら?仲良くしてくれるお友達とかいるのかしら?
と心配になります。


ますむら・ひろし宮沢賢治選集 2 (MFコミックス)ますむら・ひろし宮沢賢治選集 2 (MFコミックス)
(2008/09/22)
宮沢 賢治

商品詳細を見る

こっち↑は、2008年に出た宮沢賢治選集の『銀河鉄道の夜』。
この表紙が好きです。

月曜日の朝に

『銀河鉄道の夜』のDVDが届いて以来、
『銀河鉄道の夜』を見る機械になっています。
家にいるときはもちろん、外出先にも、
まみちゃんに借りたポータブルのDVDプレイヤーとともに持っていきます。
とは言え、外出先で見られることはほとんどないんですが。
つまりアレです、ライナスの毛布的なアレ。

『銀河鉄道の夜』は、最初に見たのが、あちこちカットされたテレビ放映版だったので、
今でも、プリオシン海岸とアニメオリジナルの盲目の映写技師、
それから、アルビレオの観測所のパート(テレビ放映版でカットされていた部分)には、
あれ?こんなのあったっけ?と一瞬なってしまいます。
テレビ放映版は、合間に入るCMがミセス聖子のニューグリコカレーだったりするので、
その古さも推して……。

そして、何度見ても、タイタニックの場面では涙ぐむ。
声優さんと音楽の力が大きいと思うのですが。
菊池英博さんの声で、沈没の際のいきさつが語られ、
そこに、常田富士男さんの、
「何がしあわせか わからないです
 本当に どんなつらいことでも それが正しい道を進む中での出来事なら
 峠ののぼりおりも みんな 本当のさいわいに近づくひとあしづつですから」
というセリフが続いて、
後ろにはずっと「主よみもとに」が流れている。
細野晴臣さんの手になる『銀河鉄道の夜』のサントラには、
この讃美歌と、この後のパートに出てくる新世界交響楽とハレルヤ・コーラスが入っていないのが、
雰囲気その他諸々考えると当然なんだけれど残念です。

銀河鉄道の夜 [DVD]銀河鉄道の夜 [DVD]
(2002/03/22)
田中真弓、坂本千夏 他

商品詳細を見る



いただきものの柚子の種で化粧水を作りました。
(実と皮はジャムにした)
なかなか良いです。
柚子の種と焼酎で作るので、塗るたびに飲酒の気分が味わえます。

エロイムエッサイム

土曜日に獺ちゃんからもらったメールを読んで、アニメの『悪魔くん』が見たくてたまらない。
そんな日曜日。
TSUTAYAにDVDが入ってるんじゃないか、と思うも、
外は雪で、とても車で出かけられるような状況ではなく。
仕方がないので、雪を見ながら『悪魔くん』の歌を歌うにとどめました。
「さあ!バランガバランガ涙も風になる」ってところが特に好きです。
メフィストとメフィストⅡ世も好きですが、
メフィストと悪魔くんも好きです。

『銀河鉄道の夜』のDVD

銀河鉄道の夜 [DVD]銀河鉄道の夜 [DVD]
(2002/03/22)
田中真弓、坂本千夏 他

商品詳細を見る


買いました。
正確にはアマゾンで注文した。
大人って恐い!
正確には大人の財布って恐い!

しかし、車のことを考えていると、頭の中で十万円百万円単位のお金が動くので、
どうも良くないですね。
千円単位百円単位の買い物に慎重さがなくなる。
そういう私みたいな人間が仕事で億単位のお金を動かすことになった途端に、
自分もお金持ちになったような錯覚を起こして金遣いが荒くなり、
結果人生を踏み外すんですよ、と反省。

この世でいちばん美しい桜は、百円玉の桜!
この世で最も健やかな竹は、一円玉の竹!
を合言葉に、コツコツやっていこうと思います。

でもDVDが届くのは正直とても楽しみです。
人生を踏み外さない程度にくり返し見よう。

どうしたもんか

村井さん(愛車)の調子が悪いです。
具体的に言うと、エンジンのかかりが悪い。
修理に出した方がいいのかな、とぐずぐずしているうちに、
オーディオの調子も悪くなってきました。
昨日は、『銀河鉄道の夜』のサントラを何度挿入しても吐き出し、
何度挿入しても吐き出し……で諦めました。
よく考えれば、村井さんも結構なおじいちゃんです。

いろいろなことを考えます。
今年は車検だし、その前に買い替えもアリか。
村井さんに愛着はあるけれど、大きなトラブルが起こったら困るし。
しかし、そうなるとエンジンはともかくオーディオの修理は勿体ないな。
だましだまし使うか。
等。

村井さんの次の車を何にするかも考えます。
車の種類に詳しくないので、正直、車種は何でもいい。
税金が安いから次も軽にするつもり。
だけど、軽の税金は早晩上がる。
だとすれば、軽の新車より普通車の中古の方がいいかもしれない。
等。


銀河鉄道の夜 [DVD]銀河鉄道の夜 [DVD]
(2002/03/22)
田中真弓、坂本千夏 他

商品詳細を見る

世界でいちばん好きな映画です。
VHSしか持っていないので、今の家では見られない。
DVDで欲しいけれど、買ったは最後くり返しくり返し見るの
ループにはまって生活に支障をきたす予感。
中学生の頃、これのビデオを毎日見て、セリフなど詳細にノートに取る
という作業を延々と行っていた一時期がありました。

カワハギ続報

カワハギをさばいたら手がなまぐさくなったので、
ネットの人の助けを借りて酢で洗ったら、なまぐささが取れたよやった!
という記事を昨日書きました。
今日、そのことを母に話したら、
酢で落ちるの!すごい!と感心されました。
そんなことも知らなかったの無知ねー、みたいな反応を期待していたので、
正直肩すかしをくらったような。
そして、そういえば、うちの母は、そうした(酢で洗うなどの)
昔ながらの知恵というか、
おばあちゃんの知恵袋的なことをあまり知らないな、と思い、
思ったので指摘したところ、
母の返答は、
おばあちゃんの知恵袋?
あなたの方が私より先におばあちゃんになるんだから私は別にいいわ、
でした。
どういうこと?

うさちゃんは洗濯

エプロンを外しても何だかまだ手がなまぐさいので、
ネットで検索してみたら、魚のにおいが手に残って困るときは酢で洗え!と。
早速やってみたら、本当に消えました。
酢を手の平に出して、ハンドクリームみたいに手に塗って、
水でゆすぐだけ。
それだけでもうなまぐさくないよ!
ネットって便利だな!
ネットの中の人ありがとう!
そして、新たな問題は、酢で洗う前の手で操作したため、
パソコンがちょっとなまぐさく感じること。
気のせいだといいんだけど。

パイナップルの缶詰

晩ご飯にカワハギをさばいたら、
その後ずっと手がなまぐさい。
洗っても洗っても血なまぐさい。
『はだしのゲン』に出てくるゲンの同級生のお父さんみたいに、
ひたすら洗ってもなまぐさい。
よく見たら、カワハギの肝をうっかり潰してしまったときに
飛んだ血が、エプロンに付いていました。
うさぎ柄のエプロン。
の、うさぎの顔の前に。
うさちゃん吐血したみたいですよ?

成人の日は

朝起きて、もらいものの柚子でジャムを作って、昼過ぎに髪を切りに行って、
その後、遅い昼食として焼肉の食べ放題に行きました。

そこで、今まで食べた食べ放題の中で一番おいしい肉に
シェフを呼べ!的な感じでテンションが上がって、
グッドオールドロックンロール的な音楽も流れていたので
更にテンションが上がって、
体を揺らしながら食べていたら、鉄板でやけどしました。
肉がうまい!→踊る→肉はぜる→熱い!→鉄板に手をつく→ジュー
の流れ。
トムみたいな声を上げてしまいました。
トムはトムとジェリーのトム。

しかし、厨房から遠い席でよかった。
他のお客さんもいなくてよかった。
手をついたのが鉄板の本来肉を焼くための部分でなくてよかった。

ジューとなった指をおしぼりで冷やしつつ、
鶏ナンコツを追加して食べました。
プリプリでおいしかったナンコツ。
ナンコツは、どれくらい焼いたら食べても大丈夫なのか
いまいち分からないので、生肉はこわいので、
結果焼きすぎるのが常なんですが、
焼きすぎてカリカリでもプリプリでおいしかった……。

上に書いた、肉うまい!からジューの流れについて、
まんがみたいだなあ、と思います。
肉うまい!→ジュー→アォウ!!
それで、自分の身の上に起きたことについて、
まんがみたいだなあ、と思うと、いつも、
『GOD SAVE THE すげこまくん!』のヨシオおにいさんを思い出します。
ヨシオおにいさんが、えむ子ちゃんと一緒のときに、
以前勤めていた会社の社長の息子に会って、いろいろ嫌なことを言われて
絡まれるんだけど、
その意地悪ぶりを、まんがみたいだなあ、と思って
精神的にやりすごす、みたいな話。
(もちろん、話の中で別のオチはついている)
ジューでアォウ!!とか、まんがみたいだったなあ。

おでこもいいなあ

トリスハイボールのCMで見る吉高由里子嬢がかわいくてかわいくて、
いろいろ検索していたら、彼女が2008年に『紺野さんと遊ぼう』の
ドラマ版で主演していたことを知りました。
知りました、というか、『紺野さん』が実写化された当時、
確か公式サイトをちょっと見て、ロングヘアの紺野さんに
紺野さんはオカッパだろ……となって未見です。
しかし、吉高嬢がこんなにかわいいなら、今更だけど見てもいいなあ。
というか、見たいな!

あけまして

おめでとうございます。

年末年始は東京経由で帰省しました。
家を空けている間、予約していたテレビ番組の録画が
帰ってきたら全て失敗していて、年明けからリアルに→orzになりました。
私より後に家を出た家族が、しばらく留守だから、と気を利かせて
テレビのコードを抜いていてくれたため。
録画しているから大丈夫、とリアルタイムで見なかったことが悔やまれます。
せめて黄金だけでも……。

2日に一旦帰宅して、3日に岐阜で親戚の集まりに参加して、
その後実家に寄って年取りのおかずを分けてもらうつもりが、
深酒して行けませんでした。
今年は年が取れなかった……これは100%己が悪いので、誰に文句も言えません。
いいやもう別に年なんて取りたくないし。

年始から愚痴愚痴してるなあ。
年末年始の特番(を録画したやつ)を見ることもなくて暇なので、
昨年買ったAERAのムックを読みました。
お笑い芸人の特集「読んでから笑え!」
これのオードリーの項の〆がとても好きです。
以下引用。

何も考えずに、自信だけを胸につっこんで歩く。
そうすればいつか、暗い日本からぷっかり浮かび上がることができる。
明日からオードリーになろう。
なんの根拠がなくっても、胸を張って生きるんだ。

今年もよろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。