123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでは

本日引っ越しでございます。
正確には今日明日と2日かけてですが。
己で荷物を運ぶため、腰の健康が保たれるか、今からドキドキしています。
ハイエースの運転も初めてで、ドキドキしています。
入居先でネット環境が整ったら、戻ってきます。
しばらくおやすみ。
それでは。

スポンサーサイト

人は人がましく

今日は友達とモーニングに行って、
その後は、引っ越しの準備という名の部屋の片付けをしました。
行ったのは、今池のベーレンヒュッテという喫茶店で、私は初めてでした。
はちみつ入りのコーヒーを飲みました。

帰宅して部屋の片付けをしているとき、
キングジムの分厚いボール紙?製ファイルの古くなったのを
紙とプラスチックに分別すべく素手で引き裂いていたら、
ちょうど遊びに来ていた兄家の娘さんたちに、
すごい力!と尊敬のまなざしで。
普段、尊敬のまなざしで見られることなど、まずありえない生活をしています。
嬉しくなって、調子に乗って、次々にベリベリと破いていたら、
見かねた父が、人間なんだから道具を使え、とハサミを貸してくれました。

頼むよ松尾

バレて叱られました。
ちょっと出かけて帰ってきたら、母も出かけたらしく姿は見えず、
しかし、テーブルに怒りのメモが残されていました。
洗いなおすように、と厳命されたので洗いなおしますが、現在16時45分。
この時間に洗濯機かけるってどうなの?騒音的に。
まだ日没前だからオッケーか?
などと考えながら、テレビをつけたら『ぴったんこカンカン』の再放送をやっていました。
安住紳一郎アナウンサーが、渡辺えり嬢と奈良を旅していました。
奈良公園で鹿せんべい片手に鹿にたかられる安住アナ。
先に行った渡辺嬢に、オス鹿に囲まれてました、とわざわざオスを強調して
訴える安住アナに、何だかぞわぞわしました。
それでは洗濯してきます。

松尾

洗濯物の中に脱脂綿を混ぜて洗ってしまって大惨事。
洗濯槽にも洗濯物にも、白い綿が……白い綿が……。
小学生のとき、服のポケットにティッシュを入れたまま
洗濯に出してしまったときと同じ状況です。
ママにバレたら叱られるので、
家族が起きてくる前に、慌てて始末をしましたが、
パンパン叩いても取れなかった脱脂綿の残りが、
母のシャツにも付いているので、たぶんバレて叱られると思います。

脱脂綿のやつは、洗濯槽の底で、カッチカチの小さな塊になっていました。
カッチカチと言えば、私は最近こわい夢を見るたび、
なぜかザブングルのカッチカチやぞじゃない方こと松尾氏が
助けに現れてくれるので、
今日も洗濯物を干しながら、
助けて松尾!
と思いました。
松尾は現れませんでした。

続・ひっこしにっき

相変わらず引っ越しの準備。
そして、相変わらず本の処遇に頭を悩ませています。
友達と電話をしていて、
「もういっそ諸星大二郎だけ残せば?」
というようなことを言われ、疲れていたので、それもいいかな、とふと思う。

待て!それは危険な思想だ!

あんまり処分しすぎて後で買いなおすなんて事態になったら、
私はともかく、私の財布に申し訳が立ちません。
しかし、買いなおすと言えば、
今処分してしまっても、後々読みたくなったときに、
図書館やマンガ喫茶で読めるもの、最悪買いなおせるもの、
……ではないものを優先的に残していると、
本棚に、何だかよく分からないマイナーなマンガばかり並べる羽目になりますね。

ひっこしにっき

最近、引っ越しのことばかり書いています。
が、今日も引っ越しのことを書きます。
引っ越したら、しばらくネットを使えない状態になりそうなので、
引っ越しの当日、「しばらくお休みします」みたいな記事を書くのが今の夢。
今までだって予告なく散々放置してきたくせに!

今日は、
→不動産屋さんで契約。引っ越し先の鍵を借りる。
→引っ越し先に行き、様々なところの寸法を計る。
→寝具とカーテンを買って、配送の手続きをする。
→家具を買って、配送の手続きをする。
→電化製品を買って、配送と取付工事の手続きをする。
の5本立てでした。

家具と電化製品は、何を買うか既に目星をつけていたため、
1日で楽勝だろうと考えていた己がバカだった……。
実際に部屋の寸法を計ってみると、予想していたより狭く、
目星をつけていた家具が買えない。
8~9月の決算期は、電化製品が安いけれど、在庫も少なくなるため、
目星をつけていたテレビなどが売り切れで買えない。
エアコンは現在メーカーでの生産が追いつかない状況で、
目星をつけていた物は10月~11月にならないと入らないと言われ、買えない。
要するに、己の見通しが甘かったのですが、
何だかんだと色々あって、結局家に帰れたのが午後8時。
不動産屋さんには朝9時、開店と同時に入ったので、
ほぼ丸一日かかりました。
普段あまり金を使わない生活をしているので、
配送の手続きとか、お会計とかにあんなに時間がかかるとは……予想外でした。

家具は、ほぼ全部ファニチャードームで。
ファニチャードームは、要するにやすいかぐ……と言ったところで、
東海地方以外の皆さんには、通じないのか?もしかして。
CMが『OH!Mikey』なので、アレな上にナニです。
それで選んだと言えば嘘に……ならない。

ファニチャードームのCMギャラリー

キケン!

週末は広島に行ってきました。
冬瓜の収穫など、させてもらいました。
畑仕事に慣れていないため、ほとんど役立たずでしたが。
冬瓜は白い毛みたいなトゲがいっぱい生えていて、
素手で触るとチクチク刺さる!気をつけて!(刺した)

帰宅して、再び引っ越しの準備をしています。
今は本棚の片づけ中。
Excelで作った「所有マンガリスト」を見て、
処分するマンガと残すマンガを分けて、
処分するものは処分する用の箱、残すものは残す用の箱に。
残すマンガは、かなり数を絞るつもりです。
ので、残すか否かの基準が、単純に好きとか面白いとか、
好きなキャラがいるとか萌えるとかでは足りず、
そのマンガが既に己の血肉になっているか、という
もはや自分でもよく分からないハードルに。
それ高いの?低いの?
10分悩んで、『ブラック・ジャック』を処分、『アドルフに告ぐ』を残すに分けました。
暗い廊下で、「手塚先生、手塚せんせい、てづかせんせい……」と呟きながら、
悩みに悩んで決めました。
ごめんなさいBJ先生。
もう何億積んでも助けてもらえませんが、覚悟完了です。
しかし、『アドルフに告ぐ』は、血肉になっているんだな私、主観的に。

また時間泥棒?

今日は午後まで時間があるので、昨日も書いた引っ越しの準備をしています。
家族が皆出かけたので、昼間なので、大きな音を出しても大丈夫!と
シュレッダーを出して、いろんなものを裁断する作業。
それはもう、いろんなものを。
主に昔の日記とか、お絵かき帳とか、人に見られたら恥ずかしいものを。
1999年~2000年あたりは、1日の8割くらい京極堂シリーズのことを考えていたようです。
京極堂や関口君のことだけでなく、もう少し脇のキャラクターのことまで、
様々書いたり描いたりしています。
『絡新婦の理』に出てくる聖ベルナール女学院の女学生達が
すごく好きだったようで(今も好きですが)
呉美由紀の髪型が、長めのオカッパでなければいけない理由や、
麻田夕子の髪を、美由紀が編みなおしてやるシーンへの思い入れが長々と書いてあったり、
彼女らで『マリア様がみてる』的な妄想まで……しています。

渡辺小夜子
:『くも』で一番貧乏くじ引いた娘。かわいそうすぎる。
 伊佐間が茜を評して、屈託なく笑ってこそ光る人と言っていたけれど、
 彼女もそのタイプだと思う。殺すの殺されるのとは、本質的に縁遠い人で
 あっただろうに、と思うと、不憫でなりません。
 本編では、泣いたように笑っているか、笑ったように泣いているかの
 二通りばかりだったので、とりあえず、お出かけで楽しい小夜子。
 80年代女子高生(50年代の中学生ですが)のイメージがあるので、
 マリンルックでクレープにしてみました。
 一緒にいるのは、おそらく美由紀。
 美由紀と小夜子のお出かけなら、立派にデートだと思う。
 織姫が尾行してたら楽しいなあ。

みたいなことが、渡辺小夜子のラクガキの横に書いてありました。
80年代の女子高生はマリンルックでクレープなのか?
10年前の自分なんて、ほぼ他人のようなものなので、
出てくるもの出てくるもの、興味深く読んでいます。
他人の日記を、盗み読みするような楽しさ、というか。
出てくるもの出てくるもの、興味深く、そう、読んでしまいます。
読みふけっております、今も。
泥棒!時間泥棒!

乳母父と若君

9月末に引っ越しをするので、現在、その準備に追われています。
家を探したり家具や電化製品を買ったり、あるいは実家の自分の荷物を処分したり。
そんな中、ふと手に取ったビデオテープ。
2001年のNHK大河ドラマ『北条時宗』を録画したものです。
ああ、もう10年近く前か……。
DVDに比べて場所を取るし、残念だけど処分しようか、どうしようか……。
特に好きな回が入っているテープだけ残そうか……。
などと考えながら、しかし、半ば無意識のうちにテープをデッキに入れ、再生。

特に好きな回のひとつ、第43回『幕府分裂』を見ました。
あらすじは省略。
冒頭で、時宗の嫡男・幸寿丸が家出をします。
明寿丸(時宗の兄・時輔の遺児)と喧嘩をして、母の祝子に叱られたため。
雪のちらつく真冬の夕暮れ、物置的なところに、ひとり隠れている幸寿丸。
それを発見したのは、幸寿丸の乳母父・平頼綱でした。
頼綱は、冷えた幸寿丸の手を握り、

「幸寿丸さま!」
「よりつな……」
「今宵は冷えますな」
「それがしは、明寿丸に負けとうないのじゃ」
「人は勝ちたいものにございます」
「よりつな……」

みたいな話をしながら、腕を撫でたりさすったり(寒いから)
挙句の果てには抱きしめたり(寒いから)する場面を、巻き戻しては再生、
巻き戻しては再生、巻き戻しては再生……少なくとも10回は見ました。
乳母父と若君って最高です。
『時宗』のビデオは全て捨てずに持っていこうと決めました。
引っ越しの準備は、まるで進みませんでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。