123号

焼肉で

焼肉で、カルビやロースと同じ感じでソーセージを頼むのはアリかナシかで揉める。
私はアリ派です。
理由はソーセージが好きだから。
昔、ソーセージを作ったことがあります。
小学校のとき。
カキ氷機にちょっと似たハンドルのついた機械で作る。
ハンドルをグルグル回して、長いながい豚の腸に肉を詰め、
適当なところまで肉が詰まったら、結んでハサミで切って出来上がり。
茹でて食べました。
おいしかった記憶が……。

スポンサーサイト

100円とか200円とかの価値とか

月に2~3回、椿油でヘアパックをするのですが、
髪が伸びてきたこともあり、一度に使う量が多くなってきました。
現在、60mlの瓶なら一度に半分~1本、40mlの瓶ならほぼ1本使います。
ので、黒ばらの純椿油に手を出してみました。
いつも使っている大島椿より少しだけ安いのです。
オイルパックなんて、月に何度もしないことなんだからケチることはない、
と思わないこともありません。
が、何だろう……私、お金が好きなんです。

それで、黒ばらの純椿油でヘアパックをしてみました。
結果は、悪くないです。
洗った後の感じは、大島椿のときと変わりません。
違いはにおいくらいでしょうか。
黒ばらの方は、ナッツのようなにおいがします。
ハーブを入れたら気にならなくなる程度ですが。
とりあえず、ヘアパックは黒ばら、朝つけるのは大島椿と
二刀流でしばらく行ってみようかな、と思います。

夢のようだった

休みの朝、何となくつけたテレビにサンドウィッチマンが出ていたときの幸せ。
ディズニータイムでした。
例の黒いネズミの耳をつけた2人、プリンセスの魔法ステッキみたいなのを振るトミー。
納豆を混ぜる手も思わず止まりました。

甲も高いよ

アシックスにサンダルを買いに行き、ついでに足の正確なサイズを測ってもらう。
右足と左足と、サイズを測る機械に片足ずつ乗せながら、こういうのは初めてだな、と思う。
私の足のサイズは25cm。
とにかく、足が大きくて恥ずかしいという思いがあるので、計測を、
今までは勧められても断ってきた。
しかし、新しい靴を買っても足に合わず結局履けないということが多く、
アシックスに運動用の靴じゃない靴を探しに来た理由も、
ここの靴は足が痛くなりませんよ、と人に勧められたからなので、覚悟を決めて測ってもらう。

結果、分かったこと。
私の足のサイズは25cmではなかった。
左右ともに実寸で24cm。
靴のサイズは、24cmまたは24.5cmになるとのこと。
すごく嬉しい。
しかし、すごく嬉しいと喜んではみたものの、
現実には、24cmの靴や24.5cmの靴には、足が入らない。

それはなぜか。

店員さんに聞くと、爪先の形の問題です、と言われた。
無知を晒すようでアレですが、私は、爪先の形に個人差があるなんて知りませんでした。

爪先の形には、足指の長さの比率によって、
オブリーク型(エジプト型)
ラウンド型(ギリシャ型)
スクエア型
とタイプの違いがあるそうで。
オブリーク型は親指が一番長く、
ラウンド型は人差し指が親指より長く、
スクエア型は全ての指がほぼ同じ長さ。

私はスクエア型だった。
いわゆる下駄足。
日本人に一番多いのはオブリーク型(6~7割)、次に多いのはラウンド型なので、
必然的に市販の靴はその二つの型に合った形の物が多くなる。
だから、スクエア型の人は足に合った靴を探すのが大変なんですよ、と言われた。
横幅の広い爪先に合わせて選んでしまうため、
本来のサイズより縦に大きい靴になってしまう。
だから、踵がガバガバになって靴ずれを起こしやすいんです、とも。
市販の靴なら、なるべく幅広の靴を選ぶしかないらしい。

足のサイズを測ってもらった後、
24cmまたは24.5cmのサンダルで、Eが多くついているものを出してもらう。
色やデザインは二の次である、と思いつつも、
爪先の細い可愛らしいのがどんどん選択肢から外れていくのは悲しいものだ。

いろいろ履かせてもらって、最終的に一見ナースシューズのような一足に決める。
24.5cmでEEE。
なんとか入った。
色は白黒金の三色。
白はあまりにもナースシューズだったので、黒と金のどちらにしようか迷って、金にした。

サンダルを買ってその場で履かせてもらい、帰り道、
行きに履いてきた靴が、車の助手席に置かれているのを見て思い出す。
高校時代、私の靴が脱いであるのを見て、クラスメイトの男子が、
「なんだこの空母みたいな靴」と言った。
あれは情けなかったな。
きっと一生忘れないな。

『日本のいちばん長い夏』

ドラマのカテゴリでいいのかな、と思いつつ。
録画していた『日本のいちばん長い夏』の事前特番を見ました。
31日にBS hiでやっていた本放送は見られなかったので、これは劇場に行くしかないのか、と。

『日本のいちばん長い夏』公式サイト

名古屋はシネマスコーレで8月28日から公開です。
この映画、文士劇かつセミドキュメンタリーなのですが、文士劇だからドキュメンタリードラマにしたのか、ドキュメンタリードラマにしたかったから文士劇にしたのか、気になります。
ん?ドキュメンタリードラマ?セミドキュメンタリー?よく分からない。
文士劇と言えば、『ぼくらの愛した二十面相』の録画が部屋のどこかにあるはずなのですが、どこに行ったのか気になります。