123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あぶねえええ

 天ぷらを食べていたのですが。
 食べている途中、箸をくわえたまま立ち上がりました。
 天つゆに飽きたので、ポン酢を取ろうと思ったのです。
 行儀の悪いことをするのはいけません。
 立ち上がって、つまずいて、箸で喉を突きかけました。
 こええ。
 ナス天食べながら危うく死ぬところでした。
 これで死なれちゃ、身内もたまりません。
 しかも、天ぷら食べすぎて今現在強烈に気持ちが悪い。

 PSPを買うかどうか迷っているうちに、リメイク版ペルソナの発売日が来てしまいました。
 どうしようかどうしようか…。  

スポンサーサイト

『闇の鶯』

 ジャイキリの10巻と諸星先生の『闇の鶯』、そして、『西遊妖猿伝』の新装版7巻8巻を買ってきました。
 自分の部屋がさすがにもうアレなので、新装版に手を出すのはやめようと思っていたのに…。
 「『西遊妖猿伝 大唐篇』7巻・8巻は、諸星大二郎×藤田和日郎スペシャル対談を収録!」に負けました。
 「モーニング」の公式サイトに2ショット写真も載っています。
 いい笑顔だ…。

 『闇の鶯』は、単行本未収録作品を集めた短編集でした。
 ラインナップは以下のとおり。
 感想はネタばれしています。

「それは時には少女となりて」
「人魚の記憶」
「描き損じのある妖怪絵巻」
「闇の鶯」
「涸れ川」

闇の鶯 (KCデラックス)闇の鶯 (KCデラックス)
(2009/04/23)
諸星 大二郎

商品詳細を見る


 そして感想。

 「それは時には少女となりて」は、海辺の町の中学生、渚ちゃんと潮君の話です。今回の話では2人は高校に進学しており、また、いつのまにか、彼氏彼女の関係になっているようでした。
 ところで、渚ちゃんと潮君の話は、元々「稗田礼二郎のフィールド・ノートより」の一部だったのが、これもいつのまにか、独立したようです。今回、稗田礼二郎は手紙のみの出演。
 読んでいて、あれ?と思ったのが、『六福神』等に収録されているこれまでの話では、海から来る何かに魅入られるのは専ら渚ちゃんの役回りだったのが、「それは~」では潮君の役回りになっていることです。
 海から来る何かが、今回は少女の形を取っていたので、ストーリー的には正解ですが、2人が2人ともこの世ならざるものを引き寄せるカップルって、何だか大変そうだな、と思いました。
 途中に登場するおばあさんの「(前略)寝なけりゃ沖からモッコ来るよう」という子守唄に、「産女の来る夜」に出てきた寒里村の子守唄を思い出しました。あちらが山ならこちらは海。

 次の「人魚の記憶」は、ホラーゲーム『SIREN2』の解析本に収録されたものだそうです。

SIREN2 MANIACS サイレン2公式完全解析本SIREN2 MANIACS サイレン2公式完全解析本
(2007/04/26)
不明

商品詳細を見る


 「描き損じのある妖怪絵巻」もそうですが、おそらくゲームの内容とは関係がない。
 舞台になっている漁村が、もしかしたら『SIREN2』の舞台なのかな、と思い、検索してみましたが、どうもそうでもないようでした。
 渚ちゃんと潮君の話の直後に読んだせいで、一瞬、これ「うつぼ舟」の神社と洞窟?と思ってしまいました。
 真相を知ると、うわあああと思うのですが、48ページで人魚とたわむれている姉の絵が、何ともきれいで印象に残ります。おかっぱ頭の少女。

 「描き損じのある妖怪絵巻」は、収録作の中では唯一読んだことのあるものでした。諸星ファンを名乗っておきながら恥ずかしい。
 初出は、『妖怪変化 京極堂トリビュート』です。そちらでは、「百鬼夜行イン」というタイトルで、ほんの少しですが京極堂も登場したりしていたのですが、今回、その部分のページはばっさり落とされています。純粋諸星作品に。
 「作品解題」での諸星先生の率直さに多少ドキドキしてしまった一作。いや、もちろん余計な心配なのですが…。
 ページが削られたことにより、後味の悪さでは、この本随一の話になりました。

妖怪変化 京極堂トリビュート妖怪変化 京極堂トリビュート
(2007/12/14)
西尾 維新あさの あつこ

商品詳細を見る


 「闇の鶯」は、表題作。「稗田礼二郎のフィールドノートより」は「淵の女」や『稗田のモノ語り 魔障ケ岳』に出てきた女神を思わせるヒロインが登場します。瓜生織江にも似ているな。諸星先生の基本キャラの1人なんでしょうか。
 太郎→桃太郎
 乾→犬
 佐田→猿
 木岸→雉
に割と早く気づき、また、パソコンゲームが登場したせいで、この4人が主人公パーティと思いこんでしまったため、中盤以降の展開が意外でした。びっくりした。
 見るなの座敷の襖の向こうにあった光景と、鶯が座敷を見た佐田を許したあたりから、え?え?という感じで。目次の絵にもミスリードされた。
 20年前の作品なので、作中出てくるゲームのドット絵の画面が懐かしい感じです。『暗黒神話』のファミコン版って、こんなだったんだろうか。
 諸星先生の作品には、特にサラリーマンが主人公になると突然社会派な要素が、しかも直球で入ってくるというのが私の勝手なイメージなのですが、この作品もそんな感じ。
 基本妖怪ハンターにそんな感じが混ざって、世界観の大きさを感じさせる話だと思います。
 加筆部分はどこだろう?トブサタテかな?あそこだけ絵がちょっと違うような…。だとすると、初出では太郎くんは山崩れで助からなかったのか?
 たぶん加筆だなーというページでは、太郎くんが妙にかわいいです。ラストの、おじいちゃんこと川上グループの会長と一緒にいるシーンでは、佐田のことを春ちゃん呼ばわりしていて、おお!と思いました。

 「涸れ川」は、諸星先生ご本人が「作品解題」でおっしゃっていたように、「遠い国から」を思わせる作品です。特に、植物と夢を共有することにより保障されていた生活を捨て、新しい世界に向けて壁を越える「夢の木の下で」を思い出します。
 また、泥の中に埋まった仮死状態の人間が復活する、という意味では、これは「遠い国から」ではありませんが、「沼の子供」を連想しました。このモチーフ、他の作品にも出てくるような…。
 ラストで主人公が腰ミノ的な格好から、元の服に戻っていたのは何故でしょうか。全てが幻だったということか?
 それにしてはヒゲが伸びているような気もしますが…。

塩分

 先ほど、マックのドライブスルーでチーズバーガーを買って食べたんですが、何となく心なしか、いや、心なしかというレベルを超えてチーズバーガーがしょっぱかったです。
 何でだろう?気のせい?それともマック久しぶりだったから?

備忘録

 今月のお給料が出たら、何か楽しいものを買おう。
 最近、CDを買ってないから、CDにしよう。
 ハンバートハンバートの去年出たアルバムにしよう。
 高田渡のトリビュート盤で、「生活の柄」を歌っていたのを聴いた。
 とても良かった。
 あれに敬意を表して買ってみよう。
 1曲目の「バビロン」を視聴した。
 これも良かった。
 期待できる。
 そして、今日は出かけに「モーニング」を買って、帰りに予約したマンガを受け取ってこよう。
 ジャイキリの10巻と、諸星先生の『闇の鶯』。
 来週は、『この世界の片隅に』の下巻も出る。
 ついでに、5月に出る『モテモテ王国』の新装版と、誰寝の11巻も予約してこよう。
 財布の中身はアレだけど、マンガは買い物のうちに入れないと決めている。
 大丈夫大丈夫。

『クローズZEROⅡ』感想に代えて 滝谷源治のこと

 『クローズZERO』、1作目2作目ともネタばれしています。

今週のジャイキリ

 ネタばれなので追記で。

食べましたとも!

 頂き物のカレーパンを1人で全部食べたのはお前か、と休日の朝から母親に追及されるような人生なんてもう止めてしまいたい。

クローズZEROⅡ

 週末に、『クローズZEROⅡ』を観てきました。
(微妙にネタばれしてます)
 今度の敵は鳳仙だ!と聞いたので、原作の話をそのまま23期生に移してやるのか?美藤次男が源治たちと同級生になったりするのか?と心配していましたが、そこは辻褄が合わせてありました。
 パンフレット等を読むに、どうも確信犯的のようですが、ケンカのアクションからマンガっぽさが抜けたのは、個人的には残念です。
 ああ、でも滝谷父子の対決があったのは嬉しかった。
 源治がかわいいです源治が。
 父親にはまるで敵わない、校内放送を入れても人が集まらない。
 かわいい、かわいいなあ。
 ラストの源治と鳴海のタイマンが楽しかったです。
 鳳仙の制服が白だったので、まるで、エヴァンゲリオン初号機VS零号機のようでした。

胞子が残ってたんだ

 庭の金木犀がうどんこ病に罹ったので、枝を切りました。
 もう少し早く気づいてやれば良かったと、切りながら悔やむ罹患ぶり。
 特にひどいところは、まるで腐海の植物のようでした。
 手遅れになると、谷は腐海にのまれます。
 あの森を見たら姫様かなしむじゃろうと思いつつ、枝葉をゴミ袋につめました。
 残った幹の方は、何とかしてやらねば。

こうなったら

 うしみつどきにハムを食ってやる!

 ハムじゃなくて、また軟骨を食べた!

豚の軟骨

 兄が送ってくれた、豚の軟骨の燻製。
 うっかりしていたら、賞味期限が今日まででした。
 これはいけない、と慌てて一袋一気食い。
 塩分って摂りすぎると気持ち悪くなるんだな、と気づいた今。
 ビールで中和しています。
 お兄ちゃんありがとう。

ガタラとアガール

 髪の毛のオイルパックをしようとしたら、シャワーキャップがありませんでした。
 ので、ゴミ袋で代用しました。
 口が広くて底の浅い透明ゴミ袋。
 ゴミ袋をかぶって、額のところを黒いヘアバンドで留めました。
 思いつきの代用にしては良かったです。
 ちゃんと蒸された。
 かぶっているときの姿が、石油の国からこんにちはという感じになるのが難点といえば難点です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。