123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のジャイキリ

 ネタばれ追記。
 短いよ!

 ヘ、ヘイッ

つづきを表示

スポンサーサイト

食べられません。

 ゲッソーは食用だろう、常識的に考えて。
 クリボーは毒キノコではなさそう、また、プクプクはフグではないらしいのでこれもオッケー。
 ダメなのはメットだな。火を通せない、そして、生食に向いているとも思えない。

 『ラブやん』の10巻と、『殿といっしょ』の2巻買ってきました。
 ああああしょうがくせえのカズフサがあああああ…

夏は来ぬ

 ユニコーンの「自転車泥棒」、ザ・ブームの「からたち野道」は、とっても危険な曲。
 聴きながら、だんだん気が遠くなってくる。
 2曲とも、初めて聴いたのは14か15の頃で、そんな頃なのに、何と言うか、ノスタルジーと言うか、そんなものに苛まれてどうしようもなくなった。
 自分の家にいるのに、どこかに帰りたくなる。有体に言うと死にたくなる。
 いずれも大好きな2組の中で、おそらく、いずれも一番好きな曲。
 でも危険。
 たった今、起きぬけに連続で聴いてしまい、朝の支度をしようという気が完全に失せた。
 ノートパソコンを抱えてベランダに出て、これを書いている。
 日光がディスプレイに反射して、とっても眩しい。
 今日はゴミの日だ、燃えるゴミと資源ゴミを出さなくちゃ。
 朝ご飯を作らなくちゃ、食べなくちゃ、顔を洗って歯をみがいて服を着替えて化粧をしなくちゃ、と頭では分かっているのに、体がちっとも動かない。
 出かけなくちゃいけないことは分かっている。
 今日は暑い。
 まだ7時にもなっていないのに、日の光に肌がじりじり焼かれるようだ。尻の下に敷いた窓枠がもう熱い。
 上にあげた曲の他には、L⇔Rの「RAINDROP TRACES」や、スピッツの「プール」も危ない。
 最近、パチンコのCMでよく耳にする、ジッタリンジンの「夏祭り」も。
 とにかく、夏は危険だ。
 ジッタリンジンは、どこに・を入れるべきか迷う。ジッタリン・ジンだ。「プレゼント」は、どうしても、嘉門達夫の替え歌の歌詞の方を先に思い出してしまう。
 でも、「夏祭り」は、他にあげた何曲かに比べれば、気が遠くなる度が低い気がする。女性ボーカルだからだろうか。

同床異夢

 「違う場所で同じ夢を見ている関係」は、美しい。
 けれど、「同じベッドで違う夢を見ているような関係」にも、美しさは確かにあるのだ、と言いたい。
 例をあげようと考えたら、一番最初に出てきたのが、こうの史代の『長い道』だった。

夜食

 空腹で目が覚めたので、焼きそばを食べています。
 晩ご飯の残り。今日が焼きそばで良かったと思いました。
 うちの家族は皆、焼きそばが好きで、でも、自分の食べられる量を誰1人として正確に把握していないので、まるまる1皿残っています。

 そして、焼きそばを食べながら、またナイトスクープの録画を。
 昨日もナイトスクープのことを書いて思ったのですが、私は長原成樹探偵がかわいいので好きで好きで、普段、大阪の友人やテレビで若手芸人の方が呼んでいるのに倣って、「成樹兄さん」と呼んでいるのですが、私がそう呼んでも良いものか。しかし、成樹兄さんの他に何と呼ぶべきか。

ベルトは凶器

 昨日出かけるときに、ローライズのジーンズを履いていたんですが、ちょうど骨盤の上にベルトを締めていました。
 パンツが見えたら嫌だなあ、と思ってギューッときつく。
 そして、今現在、骨盤の上が赤くなって腫れております。
 とっても痛い。
 しまった。ローライズのジーンズのときに、ベルトはいけない。
 ベルトは腰に締めるもの、パスは心で通すもの。
 気をつけよう。湿布がないので、タオルで冷やしていたら、多少楽になってきました。
 ナイトスクープの録画を見ながら。
 成樹兄さんのかわいらしさが、唯一の救いです。タキシードでめかして、いいこにしている。
 名駅の松坂屋の地下の三省堂には、成樹兄さんの本はなかった。注文かなあ。

今週のジャイキリ

 お腹いっぱい夢いっぱい。
 以下追記へ。

一番の障害はツインテールかも

 マンガ版 『マリア様がみてる』の1巻で、祥子さまにロザリオをもらった祐巳が、首にかかったロザリオの重みを、祥子さまと自分の「これからの重み」だと独白するのが、姉妹になることは、ゴールではなく、あくまでスタートなのだということをよく表しているようで好きなのですが、
(あくまでスタートなのだから、姉だから妹だからというだけで安心してはいけない、この時点で完璧な姉、妹、姉妹関係でなくても良いという2つの意味で)
 この独白が、原作の小説の方にはないことに、今日久しぶりに原作の第1巻を読んで気づいて驚いています。完全に原作にもある描写だと思いこんでいた…。

 また、『大きな扉 小さな鍵』(祐巳視点の描写がない1冊)を、これも久しぶりに読んで、これは、祐巳たちが3年生になって、薔薇さまになった後もシリーズを続けることは確かに可能かも…と思いました。
 でも、その場合、これまでどおり祐巳主人公は、やっぱり厳しいかな、とも。
 そして、そんな考えが呼び水になって、乃梨子や瞳子の妹はこんな子がいいなあ、とつらつら考えてもしまいました。

たよりになる缶詰

 お腹が空いて眠れなかったので、台所に行きましたが、冷蔵庫にも食卓にも、めぼしい食物を発見できなかったので、缶詰を食べました。
 はごろも煮とツナ缶、各1缶ずつ。
 ツナ缶の方は、そのままだと味がなかったので、マヨネーズをたっぷりかけて食べました。
 魚の缶詰を2缶食べて、すっかりネコになった気分です。
 そういえば、キャットフードって、どんな味なんでしょうか?
 たぶん、マグロのフレークとも、ツナとも全く違うと思うのですが…。
 ラビットフードなら、子供の頃、空腹か好奇心のどちらかに駆られて口にした(そして大変後悔した)ことがありますが、キャットフードはありません。
 ドッグフードもありません。
 しかし、何となく、ウサギやハムスターのエサよりは、ネコや犬のそれの方が、人間様の食事に近くて食べやすそうな気がします。

 食べながらアマゾン見てました。
 アルコールチェッカーって、安いのは結構安いんですね。
 最低でも、2、3千円はすると思ってました。
 性能が良い=チェックが厳しいって解釈で、値段で性能に違いってあるんだろうか…。

とくいはそれぞれちがうけど

 夜中にトマトジュースを飲むときは、ドラキュラになった気分で。
 もちろん、怪物三人組の中の1人で、ざますざます言ってる人ざます。

 仕事の内容が分かりやすい他の2人に比べて、子供の頃、ドラキュラは、あの屋敷で普段何の役に立っているのか分からず、不思議な存在でした。
 EDでも、フランケンが力仕事、狼男が台所仕事を担当しているよ!と主張するのに対して、「しんやのさんぽ」ですし。
 つまりアレだ。ドラキュラは執事だったのですね。今ではそう理解しています。
 『エマ』の読本で、執事は屋敷内の人員に余裕があれば、雑事は部下に任せてワインに没頭するのもアリ、と書かれているのを読んで、
 ワイン…赤ワイン…血…吸血鬼!つながった!とキバヤシになったり。
 しかし、この記事を書いていて、いやドラキュラ執事じゃなかったかも…と唐突に不安に感じ始めました。家庭教師だったかも。違うかも。


 髪を切りました。
 セミロングとロングの中間くらいの長さ→ショートに。
 生まれて初めて雑誌の切り抜きを美容院に持ちこみ、
「こ、こういうふうにしてください」
と、思わず声が上ずりました。自意識過剰なのです。

 同じ日に、父も散髪に行ったらしく、坊主頭になっていました。
 坊主にすると、父は、死んだ祖父にそっくりです。
 帰宅して、父が晩酌をしているのを見て、一瞬、
「お、おじいちゃん?」
と、思って焦りました。若いときは少しも似ていなかったのに、親子って不思議です。

インディアナ

 『インディ・ジョーンズ』の新作が来週末に公開されます。
 楽しみです。

 旧3部作では、私はもう『最後の聖戦』が。
 リヴァー・フェニックスの演じた、少年時代のインディが、それはそれはかわいかった。
 好きなキャラクターの過去の姿にとても弱いのです。
 『ラブやん』でも、次巻に収録される話に、小学生時代のカズフサの写真が出るという情報を得て、今からフサさんにラブな気持ちでいっぱいです。
 少年インディは、悪党に今もトレードマークになっている帽子を被されて、うつむいた顔を上げたときに、ハリソン・フォードになるのが良い…。
 あの一瞬で時の流れを感じさせます。
 例の長い爬虫類が車両いっぱい…は、正直、見るたび(勘弁してください)と思いますが。


 あと、「ジュニア」。
 インディ・ジョーンズと、父親ヘンリーとの確執。
 『最後の聖戦』のラストは、父と子が2人で馬に乗って夕日の中を去っていく…だと記憶していますが、捏造記憶のような気もします。
 しかし、新作には、ショーン・コネリーは出ないらしく…残念です。
 でも、今度の敵はソ連だ!みたいなので、公開を楽しみに待とうと思います。


軟弱物!

 今年最初のバニラアイス。
 蓋をどうすべきか悩んでいたら、本体が溶けました。
 何という。

時には雑誌を

 ふろくに釣られて「MORE」を買う。
 毎月「なかよし」を買っていた小学生の頃と何も変わっていません。
 『おもちゃ箱革命』のレターセットが一番うれしかった。
 園子がアリスみたいな格好をしたカントリー調のレターセット。
 「りぼん」は、クラスで仲の良かった子が買っていたので、毎月交換して読んでいました。
 ふろくだけ、というのも勿体ないので、この夏のヘアカタログ的なものも載っているので、これを参考に、髪でも切ってみようかと思っています。
 さすがに暑くなってきた。

『ムーミン谷の彗星』

 『ムーミン谷の彗星』のDVDを見ました。
 おもしろかったので、2回見ました。
 2回目は、メモ帳で実況しつつ。
 長くなったので、追記へ。
 実況なので、全編ネタばれしています。

アニメ他の午後

 今日は昼から休み。
 さっき帰ってきたところ。
 帰り際に、後輩が枇杷を3つくれました。後輩は九州の出身なのです。
 嬉しかった。今年2回目の枇杷。
 『ムーミン谷の彗星』のDVDを借りてきたので、今から食べながら見ようと思います。
 ゲオの株主優待を使えるようになってから、DVDを借りては見てばかりいます。
 『ムーミン』の映画以外には、『功名が辻』の完全版の2巻と『クロ高』の最終巻、それから『げんしけん』2期の2巻(大野さんと田中の話が入ってるやつ)を借りてきました。
 見るぞ見るぞ。

備忘録

 岐阜県美術館で、今年の11月12月に、ロシア・アヴァンギャルドの展覧会があります。
 う、嬉しい…。

 岐阜県美術館は、たぶん、日本で一番たくさんルドンを持っている美術館です。
 大学時代に、三重の県立美術館でルドンの「ヨハネ黙示録」を見てとりこじかけになり、その後、岐阜県美術館が200点以上持っていると知ったときには、嬉しさのあまり失禁しそうでした。大げさに言っています。
 ルドンの代表作である「目を閉じて」は、いろんなバージョンが何枚もあるんですが、そのうちの1枚、色とりどりの美しい花とともに描かれたものを、岐阜県美術館は所蔵しています。美術書とかに出ている、「目を閉じて」の最も有名なものは、オルセーにあります。私は見たことがない。見たい。
 これも、10月の終わりから12月にかけて公開されるらしい。嬉しい。

土曜日朝のアニメ

 おはようございます。
 『ケロロ軍曹』見たら、特撮パロディの回でした。
 ケロロとクルルが宇宙猿人ゴリとラー。
 夏美が梅津徹の正体(ウェットルマン)を告白されたときの演出が、アンヌがダンの正体(セブン)の告白をされたときの演出でした。
 CM終わった。後半見てきます。

えかきうたの日

えかきうた


 6月6日はえかきうたの日。
 と思い、ドラえもんを絵かき歌っていたら、同じく6月6日で腕の描かれるかわいいコックさんも歌いたくなり、ついでにQちゃんとパーマンもやりたくなりました。
 (紙を)横にして見て下さい、とウサギは言っています。そんなことはさせないぞ!
 ところで、かわいい「コック」さんって何だか卑猥ですね。

今週のモーニング

 とりあえずジャイキリを!
 タッツミーが笑ってくれるだけで、勇気がりんりん湧いてきます。
 だから、94ページ、95ページのセリフは、全部が全部ETUの反撃フラグのように思えるんだぜ。
 おかげで、ダルファーのハグとかキスとかに萌えたりする余裕もできたんだぜ。
 コラー!!のソノダ君は学校の先生っぽいな。

 そんなわけでお前ら!!
 俺達を殴れ!
 さあ!

 後半きっとやってくれるやってくれる。

あの人のことをもっと知りたいバトン

 飛鳥さんからいただきました。

 長くなったので追記へ。

生まれて初めて

 生まれて初めて、カウンターで寿司を食べました。
 緊張した!それはもう、お茶のお代わりを頼めないほどに。
 でも良かった!どれも身が分厚くて、全体にトロッとして甘かった。
 特に良かったのがイカ。
 イカがこんなにおいしいものだったとは…。驚きました。私はイカを見くびっていた。所詮10本、とか思っていました。反省した。
 子持ち昆布は、それ自体初めて食べました。昆布に数の子がびっしりと付いている。海の中で出汁が出ている昆布でした。
 ウニやイクラがおいしかったのは言わずもがな。
 何だか、大人の階段をひとつのぼった気分。最終目標は、心の中に1軒のマイすし屋を持つことです。

『幾百星霜』1巻

 『幾百星霜』(雁須磨子)の1巻を買ってきました。
 良い。
 すごく良い。
 もともと、この方のマンガは出ていれば内容を確かめるまでもなく買う、というほどに好きなのですが、ああ、しかしこのマンガは良い。
 明治かな大正かな、と時代はちょっと曖昧な昔の日本を舞台に、女学校の同級生である杉内さんと滝さんのお嬢様コンビがいろいろ(杉内さんの背丈を理由に縁談を破棄した許嫁の顔を見に行ったり、うさぎを捕まえてくれた植木屋の見習いさんの恋人探しをしたり)。

 とにかく、主人公の女学生2人がかわいいです。
 特に私は杉内さんが。
 巻末の描き下ろし2本は、彼女の魅力が全開です。
 毛深いのが魅力の美少女…。
 もったり、もさっ、のたのた等の擬音が似合う美少女…。
 ズボンの尻を破く美少女…。
 いいわあ。
 また、杉内さんは、幼少時もいいですね。
 保太郎が盗み見した、髪を梳いてもらっているときの、顔の皮膚がちょっと上に引っぱられているような感じとか。
 長い髪が全体にボサボサしている感じとか。
 きちんと骨があって肉があって皮があって、その上に毛も生えていて、それでいて、ちゃんと美しい少女であるところが良いと思います。
 お人形さんではないんだな。
 食べれば太るし、動けば汗もかくし、触ればあったかい。
 彼女は太りやすく、汗をかきやすく、体温は高めだと妄想しています。

 あと、女の子同士(母と娘も含む)のやりとりがかわいいのも良い。
 マリみてで、特に同級生同士のやりとりが好きな人は、きっと好きだと思います。
 鷹子さんのドレスを着た滝さんを見て、杉内さんが、「かっ…かわいいー」となっている5話のラストとか、とてもかわいい。
 杉内さんと、鷹子さんも和装の方が似合うように感じるけれど、滝さんは洋装だな。
 杉内さんのお母様にタイを結んでもらって、戸惑い照れるところとか。
 そして、かわいいと言えば、杉内さんが産まれるときの回想シーンで出てくる杉内父と杉内祖母、1コマの破壊力。
 お父様が鯉のぼりの小さいのを持っているのがたまらんですよ。


顛末

 駐車場の件ですが、大家さんに言っても埒があかなかったので、警察に連絡しました。
 らば、同じ大家さんの持っている、別の駐車場を新しく借りた人が、間違えて入れていた、とのことでした。
 しかも、その人は日曜の夜にならないと、こちらに帰って来られないので、車を動かせないとか。
 仕方がないので、日曜の夜は、村井さん(車)はカーポートの下に。
 月曜の朝、見に行ったら、まだ私のスペースに車が入っていたので、ああもうどういう人なんだろう、と憤りつつ、もう一度大家さんに連絡したら、やはり埒があかなかったので、もう一度警察を通じて車の持ち主に連絡してもらいました。
 先ほど、帰宅したところ、やっと消えていました。
 車の持ち主は、どうやら近所の人らしいのですが、どこの誰かはもちろんですが教えてもらえませんでした。
 しかし、車種とナンバーは車が動いているか等、散々確認したせいで覚えてしまっているので、しばらくの間、近所の駐車場で同じ車種の車を見るたび、嫌な目つきでナンバーを確かめてしまいそうな自分が嫌です。
 何だかもう3年分くらい腹を立てたような気がします。
 人間が小さいよなあ、と思いつつ、でも、こういうことは大いに怒るべきだよなあ、とも思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。