123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっといいこと

 先ほど、目が覚めて駐車場を見に行ったら、やっぱりまだいました青い車。
 私のワイパーに挟んだ紙も、2枚ともまだそのまま。
 雨が降って濡れたようなので、回収してきました。
 後で新しいのを挟んでこなければ。
 土曜日なので、昼まで待って、それでも動いていなければ大家さんに連絡しようと思います。

 帰ってきたら、家の前で黒ネコと遭遇しました。
 コミックパークから来ました、『神聖モテモテ王国』の完全版全7巻!
 早速、まだ読んだことのない話の7巻をパラ見。
 「完全版」と言って、コレクターズアイテム的な豪華さはまるでなく、雑誌というか何かを思い出す装丁だけれど、何だかもうすごく嬉しいです。
 これからファー様三昧境です。
 一緒に送られてきた既刊リストに、『なんか妖かい!?』を見つけて、強烈に欲しくなりました。
 いけないいけない。



スポンサーサイト

買い置きはない

 風呂に入ろうとしたら、風呂の蛍光灯が切れていました。
 朝にするか、と思うも、湯舟にお湯をはってしまったので勿体ない。
 洗面所からのもらい明かりでも、意外と入浴に支障はないものです。
 暗い中で風呂に入っていると、『町から来た少女』のペチカに入るシーンを思い出します。
 ワーリャ、ペチカの壁に肩をぶつけると、煤がついてしばらく取れないわよ。

しかしラ王ではない

 直下のエントリに関連して、どうにも腹立ちがおさまらないので、ラーメンを食べてきました。
 これから帰って再び村井さんをカーポートの下に入れ込まなければならないのが大変といえば大変ですが、我が人生にそれほど悔いはありません。
 ラーメンばんざい。

見知らぬ車

 帰ってきたら、近所に借りている駐車場の私のスペースに見知らぬ車が。
 隣の人が間違えたのかな、と思うも、両隣はもちろん、同じ駐車場は満車状態でした。
 ああ、これは悪者だ、と思い、しかし、こんな時間に大家さんに連絡するわけにもいかないので、村井さん(愛車)は、無理やり自宅の前に停めました。
 その後、「ここは私の借りている場所なので車を動かしてください」という旨の文を書いた紙とデジカメを持って、再び駐車場へ。
 デジカメで、私のスペースに駐まっている車の写真を何枚か撮って、紙をワイパーに挟んできました。

 それから家に戻って、ワイパーに挟んだ紙に書いた文が、いかにも警告文めいていて良くないかも、と思い、もう一度駐車場に行って、同じ内容をグッとやわらかい表現で書いたものに変えてきました。
 更に、村井さんは家の前にいつまでも置いておくと通行を妨げること山の如しなので、物置になっている家のカーポートの下を片づけて、無理無理村井さんを入れこみました。
 そして、片づけながら2枚目の紙の文面を思い出し、さすがに自分の気の弱さが嫌になったというか、理不尽なことをされているのに、あんまり下手に出るのもどうだろう?という気持ちがむくむく頭をもたげてきたので、みたび駐車場へ。
 迷った挙げ句、紙は2枚ともワイパーに挟んできました。

 明日になっても車が動いていないようだったら、大家さんに言いに行こうと思います。
 本日、駐車場料金を払い込みに行ったばかりなので、怒りひとしお。
 もし、本当に無断駐車の悪者だった場合、よく飲食店などの駐車場に「無断駐車は金○万円いただきます」などとあるように、私に金一封とか、迷惑料的なものが入ったりするのだろうか、といやしいことも考えます。



今週の「モーニング」

 裏表紙がウィンダム(水虫薬)の広告。
 朝からいきなりの北村にくらいました。

 達海と松ちゃんが並んでいるのに、何かを思い出すな、と思っていたら、『名探偵ホームズ』のホームズとワトソンでした。
 ビジュアル的に。
 犬のアニメのやつです。

 以下、今週のジャイキリ。ネタばれするので追記へ。

早く大人になりたいと思う2曲

 ムーンライダーズは『MOON OVER the ROSEBUD』の1曲目、「Cool Dynamo, Right on」で、ところどころに挿入されるリコーダーが好き。
 あんまり好きなせいで、「Cool Dynamo, Right on」の内容的な前作、「ダイナマイトとクールガイ」にも、同じ音が入っていると思いこんでいました。
 しかし、今日、久しぶりに『A.O.R.』を聴いたら、「ダイナマイトとクールガイ」では、リコーダーなど吹かれておらず。
 冷静に考えると、『A.O.R.』自体、リコーダーの音が似合うアルバムではないな、と。


その後のテキサスブロンコ

 兄家の小さい人たちが誘いに来たので、一緒に泳ぎに行ってきました。
 もちろん、温水プールです。
 流れるプールを流れたり、ウォータースライダーを滑ったり、幼児用プールでワニになったりしてきました。
 最近の小学生は、こういうところで、あまりスクール水着を着ないのだな、と思ったり。

 出かける前に、うきわを探していたら、キン肉マンのドンジャラを発見しました。
 以前、このブログでも言及したドンジャラです。

080525_1421~0001[1]


 2はブロッケンJr. もう1人は、リキシマンです。

080525_1421~0003[1]


 1は、やはりカナディアンンマンとスペシャルマンのコンビでした。

080525_1421~0002[1]


 ご参考までに、面子は以下のとおり。
 上に引用した過去記事で、記憶を頼りに再構成したのは、細かくちょこちょこと間違っています。

0.ミートくん 青線(というと、何だかいかがわしい)入りのチェンジミートあり
1.スペシャルマン&カナディアンマン
2.リキシマン&ブロッケンJr.
3.テリーマン&ジェロニモ
4.ロビンマスク&ウォーズマン
5.アシュラマン&サンシャイン
6.バッファローマン&モンゴルマン
7.ネプチューンマン&ザ・ブドー
8.キン肉マン&キン肉マングレート
9.ドクター・ボンベ



真空とびひざ蹴り

 いつも眉は毛抜きで整えるのが、今日は横着してカミソリを使ったら失敗しました。
 片眉の半分を剃り落としてしまった…。
 いっそ片眉の全部なら、キックの鬼なんだよ!山ごもり中に孤独に負けないように眉を剃って人里に下りていけないようにしたんだよ!とか言い張れるのに…。
 とりあえずの救いは、もともと私の眉が薄いことです。
 アイブロウで何とかごまかせるような気がしないでもない…。

 『キックの鬼』の主題歌は、「行くぞゴングだ 飛び出せファイト」の後に、「見たぞ撮ったぞ この瞬間」と繋げたくなってしまいます。
 違う、それはコウガマン、と思うもどうしても。

今週の「モーニング」

 枇杷食べました。

 今週の「モーニング」の話。
 『とりぱん』150回おめでとうございます。
 強面の犬がとてもいい味。
 先週のカモシカもですが、とりの先生の描く哺乳類は、いつもとてもかわいい。
 前に出てきた、女子2人の間に無理やり入ろうとする犬もかわいかった。
 白黒ページ全体のタイトルと、最終ページの8コマのサブタイトルが、『OL進化論』のパロディです。
 8コマに出てくる、生後7か月でもうサカリのついた猫もかわいいですね。

 以下、今週および先週のネタばれ気味です。改行等します。

080523_2045~0001[1]


 本日母の誕生日。夕方、父がプレゼントと一緒に花束を抱えて帰ってきました。
 自分の人生は、既におまけの段階に入っているので、もう何も恥ずかしいことはない、とバスで近所の人と乗り合わせたらしい父曰く。
 己に言い聞かせていたものと思われます。
 おまけの人生、というと筋肉少女帯を思い出します。あれは「おまけの一日」か。








 ジャイキリの展開、私も胃が痛い。
 何だか、本当にスタジアムに行って、ETU対ガンナーズの試合を観戦している気分です。
 今週は、読みながら思わず、「そこまでリアルじゃなくていい…!」と呻いてしまいました。
 ETUがんばれETUがんばれ。

 窪田が意外とすごく若いのに驚いた。
 ハルヒコは晴彦か春彦か治彦か、意表をついて晴比古かもしれないな。

 『ディアスポリス』は、ラニーニャ編がクライマックス。
 ラニーニャに久保塚の言う、人が人を殺してはいけないのは、その償い方を誰もわからないからだ、というのは、真理だと思いました。
 殺しに限らず、どんな犯罪についても少なからず真理。だから、応報だけじゃ説明がつかなくなるんだな。
 ああ、しかし久保塚は阿さんのときの二の舞だもう。
 ヘルメットは、ハッチョンベイだろうか。
 来週号が待ち遠しくて待ち遠しくてたまりません。

 先週の『へうげもの』を読んで以来、私の中でボス熱が高まっています。
 最近は落ち着いてきたと思ったのに、再び熱い。これは恋だと思います。
 ボスとは、もう何度も書いているような気も、いないような気もしますが、織田信長の弟。
 俗名を織田長益、号して織田有楽斎とおっしゃる。

 『日本の茶家』の有楽流のところに、
 ボスが、「利休が茶室を四畳半から一畳半にまで狭め、秀吉もまた二畳半の数奇屋によって、いわゆる『小間』全盛であったのに、それらは『客を苦しめるに似たり』と批判」したと書かれているのを読んで、
 先週、ボスが、利休の茶室を回想しながら、
「『わび』の型にはまり 小さく狭くなるも……」
と言っていたのを思い出しました。

「型を貫くは、己も他者をも苦しめるに似たり」


忘れないで忘れないで時は流れ過ぎても

 久しぶりの快晴じゃないでしょうか。
 5月のこういう天気の日には、「五月のバラ」が聴きたくなります。
 私が持っているのは尾崎紀世彦版。
 久世さんの『マイ・ラスト・ソング』のおかげで知った良い曲はたくさんあるんですが、「五月のバラ」も、そのうちの一曲です。

 先週末に、枇杷を買ったのですが、先週末には他にも果物があったため、食べ忘れていまだに冷蔵庫の中にあります。
 枇杷大好きなのに、順番でいうと生食する果物の中では桃の次くらいに好きなのに、これはいけない。
 毎日、帰宅途中に、「よし、家に帰ったら枇杷を食べよう」と思うのに、家に着いたときには忘れています。
 私らしくもないことです。いけない。すごくいけない。
 というわけで、忘れないようにのメモであります。
 今から、昼食がてら、「モーニング」を買いに行きます。



GWドラマ化

 もうあちこちで話の出ている、『ここはグリーン・ウッド』実写ドラマ化。
 どうして今?というのが、現時点での正直なところなんですが、もう言うまい。
 作るからには、いいものに、いいものにしてください、と祈るのみです。
 とにかく、早くキャストとスタッフが知りたい。

 連載の開始が20年以上前なので、たぶん現代風にアレンジ…されるのかな?
 この20年間での一般的な生活の変化というと、おそらく1番は携帯電話の扱いですが、しかし、携帯電話があると根本から成立しなくなるエピソードはないような気もします。
 新田美恵子が初登場する話…はオチだけだし。
 緑の世話をする話は、携帯電話があっても弘兄が帰ってくる時間はあまり変わらず展開一緒だろうし(そもそも緑が生まれるまではフォローしなさそうだ)。

 主要登場人物4人と、その家族は原作を激しくいじらない限り変わらないと思うので、また、そこはお願いだから変えないでくださいとも思うので、その他の寮生がどうなるのか気になります。
 一也が1年のときの寮生に限っても、「愛と青春のぼくたち」はやらないかもしれませんが、前寮長の古沢先輩。個室で宗教団体を開く盆田先輩、同じくゲーセンを開く坂口と青木。特筆すべきところのないのが特筆すべきところの栃沢。藤掛と渡辺はどうするんだろう…。

 放映が夏なので、きっと1度はガチの怪談をやるに違いないと予想。
 これについては、むしろ期待します。容赦なく恐ろしい話にしてほしい。
 元エピソードは、本編以上に『誰か』が恐いよ、と言ってみる。しかし、あれだとすかちゃんがな…。

犬神家

 寝ようとしていたら、名古屋テレビで、76年版石坂金田一の『犬神家の一族』が始まってしまいました。
 終わりまで見ると4時39分。
 明日の朝は町内の掃除。
 だめだめー、と思いつつ、体が勝手に視聴の姿勢に入りました。
 金田一さん出てきました。
 若いなあ…いや、あんまり変わってないような気もするな。

 今、金田一さんが古館先生に毒物について説明しているシーン。
 おはるちゃんはかわいいなあ。
 自分が年を重ねたせいか、息子の通夜の席で放心する竹子の姿には胸が詰まりました。
 しかし、いい加減さすがにもう寝なくては。

 結局最後まで見てしまいそうです。
 現在午前4時20分。
 空が白々と明け始めています。



『レイモンド』

 『レイモンド』の2巻買ってきました。いつもの感じ。
 エロ本拾う話と、犬小屋に入って出られなくなる山添と西村の話が好きだなー。
 山添の考える地上最強の生物は、やはりと言うべきか、彼女でした。
 未来のアレがナニには、『ドラ○もん』ではなく、『ママは小学4年生』を連想しました。いい組み合わせだと思うよ、私は。
 そして、『レイモンド』が、『ドラ○もん』のアナグラムだということに、今頃気づきました。
 全員サービスどうしようか。1000円は高いな…でも、古賀亮一がいるから応募しちゃうんだろうな。
 おまけマンガで、ミズキもう少し萌えキャラにしとけば良かった、みたいなことが書かれていましたが、私はミズキはむしろストライク!です。
 『ラブやん』も、『ラブやん』が一度居候しに行った後の、覚醒したモエちゃんが大好きです。
 内面は作者と同性を匂わせつつ、しかし妙な生々しさを感じる田丸女性キャラが大好きです。
 男女の中身って実はそんなに違わないんじゃないかと思う一瞬。

 『神聖モテモテ王国』の完全版を注文。6月がまちどおしい。
 7巻に収録されている話は、半分以上未読なので、とても楽しみです。表紙絵がないのが寂しいけれどー。

今週の「モーニング」

 達海もハルキちゃんも御免!
 『ディアスポリス』もすっごいおもしろかったんだけど御免!
 今週は へ・う・げ です!!


 以下追記で、ネタばれ全開。

劇場版『うる星やつら』を見たよ/見るよ

 週末、近所のTSUTAYAが旧作100円だったので、喜んで借りてきました。
 『うる星やつら』の劇場版。
 『ビューティフル・ドリーマー』と『ラム・ザ・フォーエバー』です。
 本当は、『リメンバー・マイ・ラブ』も見たかったのですが、借りられていました。

 昨日、『ビューティフル・ドリーマー』を見たので、今夜は、『ラム・ザ・フォーエバー』です。
 ラムが周りの人に忘れられていくあたりが、とてもとても恐かった記憶のある映画。
 今見たら、どんなふうに感じるのでしょうか、楽しみです。
 『ビューティフル・ドリーマー』では、あたるのハーレムが崩壊するとき、ハーレムの女の人たちが、マネキンに変わっているのは、今も新鮮に恐い描写でした。

 また、今回借りることのできなかった『リメンバー・マイ・ラブ』も含めて、『うる星やつら』の劇場版2~4は、自分の頭の中で話の内容がごちゃごちゃになっているところがあるので、整理をつける意味でも楽しみです。
 たとえば、細かいエピソードでは、『ビューティフル・ドリーマー』で、しのぶが、路地に風鈴の幻を見る場面は、ずっと、『ラム・ザ・フォーエバー』だと思っていました。

 サクラさんが、夢邪鬼の過去の悪行を並べたてる場面では、同じ80年代のアニメとして、『カリオストロの城』で、ゴート札について、ナポレオンの軍資金となり…と述べられていたのを思い出しました。
 こういう、話が具体的な例を伴いつつ、しかしあくまでも荒唐無稽に大きくなっていくアニメを、近頃、あまり見ないような気がします。
 …違うな、単に自分が新作アニメのチェックを怠っているだけだ。


愛用バトン

 愛用バトン。先日、友人とご飯を食べているときに口頭で回されました。
 バトンを口頭で回すのはアリなのか、と思いつつ、そういえば、私も別の友人に口頭で回したことがあります。因果応報です。
 彼女は、このブログのアドレスを知らないはずなので、「私『答えたよ』って嘘つくかもよ」と言ったところ、「私信じてる」と返されました。
 信じられたら…なあ。

 長いのでたたみました。

待切内蔵

 もうじき兄家の娘さんたちがいらっしゃいます。
 本日、母が何だか最近夢中のコーラスの公演があるのですが、兄たちがそれの昼の部を観る間、わが家にあずけられに来るのです。
 ちなみに私は夜の部へ行く予定。
 もう楽しみ!楽しみ!と、ただいま掃除機をかけています。
 何して遊ぼう。
 娘さんたち、特に上の娘さんは、絵を描いたり工作をしたりするのが好きなので、きっと今日もその系統の遊びです。
 とりあえず私の提案はペープサート。
 画用紙に人や動物や物の絵を表裏と2枚描いて、間に割りばしを挟んで接着する、人形劇とかで使うアレです。
 わくわくさんと呼んでください。

今週のモーニング

 下のエントリで、「モーニング」が買えなかった、と泣き言を書いていたら、獺ちゃんから、志村ー合併号!合併号!というメールがきました。
 本当だ。
 これは恥ずかしい。
 良かった…売り切れの雑誌はないんだ、というより、よし子さん、あたしゃまだ今週のジャイキリ読んでませんよ、という感じ。

 獺ちゃんありがとう。
 今、本屋で「モーニング」ないよーとうろたえながら、代わりのように買ってしまった『うちの妻ってどうでしょう?』の1巻を読んでいます。
 奥さんの足が太いところが好きだ。
 足というか、腹のあたりから下が全部太いところが。
 奥さんが後ろ姿で座っているときの絵で、ちゃんと尻の割れ目が意識されているところが。


地味にショックだったこといくつか

 去年だったか一昨年だったかに買ったまま一度も着ていなかった白のワンピースとジャケットの揃いを、思い立って着て出かけました。
 この年でモテワンピなんて恥ずかしいわウフフーと思いながら歩いていて、駅のホームで、ふと鏡に映る自分の姿に目をとめると、何だか子どもの入学式に急ぐ母親風味…。

 帰宅途中、「モーニング」を買おうとコンビニに寄るもなく、書店に寄るもなく、また別のコンビニに行くもなく…く…皆そんなに後藤さんが好きか…。

 友人と『篤姫』を見ていて、うちの兄が小松兄役の沢村一樹に似ているという話になる。
 兄が沢村一樹なら、じゃあ私はともさかりえかしら、と調子に乗って、グーで殴られることも覚悟で言ってみたところ、友人は私の顔をじーっと見て、しみじみ一言。
「ともさかりえっていうか…君は鳩に似てるよね」
 鳩。
 鳥の鳩だそうです。土鳩。
 実は、大学時代の友人からも、やはり鳩に似ていると言われたことがあります。
 また、家に帰って母に、お母さん私鳩に似てるかしら、と聞いてみたところ、似てる似てるとのお答え。
 二度も言った…。
 鳩か…。
 今、自分の顔を鏡で見ながら努めて冷静に考えるに、頭のてっぺんから肩口くらいまでのシルエットではないかと。
 首が長く、顔の横幅と首の太さが前から見るとほぼ同じなため、鳩っぽいんではないかと。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。