123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『風林火山』

 友人のメールにより、誘惑に抗しきれず、買ったまま取ってあった『風林火山』のガイドブックを読みました。
 前編に掲載のあらすじは、先日の「信虎追放」まで+1、2回分、といったところだったので、結果的には読み時だったかな、と。
 しかし、目次の配役紹介に並んでいる名前を見ると、改めて、豪華な布陣だな、と思います。特に、武田家家臣の皆さんは、重厚の一言。
 そうした人々が居並ぶ席の、これまで信虎が座っていた上座に、次回以降、晴信がどんな風に収まるのか、とても楽しみです。
 武田家以外では、北条氏康に注目しています。演じているのは、松井誠さん。登場している様々な殿の中で、もしも自分が仕えるなら、この人がいいなあ、と思っています。
 そして、実はひそかに心配なのが、これからの主軸になってくると思われる、由布姫の存在。『武田信玄』で、大好きだった南野陽子さんだったのに、湖衣姫に肩入れできなかった私。
 池脇千鶴さんの三条夫人や、おつきの萩乃をやられている浅田美代子さんがかわいいこともあって、何となく、今後の展開次第では、主役サイドに肩入れできなくなりそうな気もするのです。
 昔、何かで、死んだ女より哀しいのは、忘れられた女、というのを読みましたが、そんな感じで。









スポンサーサイト

父と子のテレビ絵本

 墓参りがてら、木曽の方まで足を伸ばしてきました。車の村井さんよくがんばってくれました。
 初めて行ったのは寝覚の床。景勝地と名高いだけあって、さすが、うならせるね、という景色でした。やはり、自然は我々と発想からして違いますね。

 帰ってすぐに、『風林火山』を見ました。
 信虎追放。
 仲代達矢が恐い恐い。
 『風林火山』の直後に、『華麗なる一族』の最終回を見たので、今現在、私の頭は、武田信虎と万俵大介の区別が大変に困難な状況にあります。
 北大路欣也が草原で勘助と刃を交えたり、仲代達矢が鉄平の棺に取り縋ったり。息子たちは決してごっちゃにならないのに、親父だけ。不思議です。

 息子と親父といえば、万俵家の皆さんについては、私にしては珍しく、大介と鉄平の関係についてはスルー。
 鉄平は、役者さんのせいもあるかと思いますが、むしろ、鉄平兄さんに向ける視線が、何とも言えない複雑さを孕んでいる弟、銀平との関係にばかり気を取られていました。
 それがもう、最終回で一気にひっくり返された爽快さ。
 あの遺書は、反則だと思います。
 そうか、お父さんに誉めてもらいたかったのか鉄平、と……ええ、もう、泣きましたとも!

 『風林火山』については、このドラマのおもしろさが、何かに似ている何かに似ている、とずっと考えてきたのですが、今回を見て分かりました。あの、ちょっと昔の「ジャンプ」とか「チャンピオン」で連載されているマンガっぽいのです。
 もしも、『風林火山』をマンガ化してくれるなら、ぜひ、原哲夫先生にお願いしたい。そんな感じ。
 武田信玄と信虎親子が、範馬刃牙と勇次郎親子に見える、そんな感じ。
 登場人物の行動が、冷静に考えると支離滅裂なんだけれど、見ているときには、すごく説得力があるように見えるからかな、などと何となく考えます。


またもや間があいた

 小さい頃は信じていなかった神様を、大人になって信じるようになった。
 責任者出てこい!みたいな気持ちで。

 今週、割とひどい喉カゼをひいたんですが、寝こみつつも、『すげこまくん!』のカゼの話(10巻の、すげこま君が体内のビールスを飼いならして、思うがままにカゼをひく話)なんかを読んだりして、オタクって本当にしぶといな、と思いました。
 ところで、『街角花だより』の、店長とりんさんの関係は、そこに何らかの妄想を読みこんでもいいものか。迷いますね。




再・福山礼賛

 昨日は、本当に久しぶりにサッカー観戦に。
 普段、応援しているチームではないチーム同士の試合だったからか、言い方は悪いですが、純粋に楽しんで見ることができました。意地汚いゴール(誉め言葉)に湧いたり。サッカーって良いなあ、と改めて思えたので、再来週かその次あたりには、いよいよ本命に会いに行こうと思います。

 帰り道で、最近買った福山雅治の『5年モノ』を聴いていて、前にもここに書いた、「milk tea」で、不覚にもちょっと泣きました。1番だと《背が高いとこ~》、2番だと《私悲しい~》の部分。観戦にご一緒した友人の1人が、このアルバムの発売当初から薦めてくれていた1曲目「FREEDOM」も、期待を裏切らない良い曲でした。
 昔、ビートたけし主演でドラマ化されたジョージ秋山先生の『浮浪雲』を、もし今もう一度ドラマ化するのなら、主演に福山はいかがですか?と提案したい今日この頃。いや、そういえばこの人、時代劇に出てくるような役柄が、何ひとつ似合わないな、と思い、何かはまり役はないかしら?と考えた中で、雲の旦那が唯一しっくりきたので。見たいなあ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。