123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイボス!マイヒーロー!

 ご無沙汰しました。
 ご無沙汰している間に、ふと「少年ナイフ」のことを思い出し、『学校怪談』の文庫版1、2巻を購入したり、1巻の仮面の話で校長室に飾られていた怪しげな物たちの中に、諸星先生は『マッドメン』に登場した悪霊アエンの仮面を見つけて、『マッドメン』を読み返してみたり、新装文庫版の『マッドメン』が欲しくなったり、『げんしけん』の8巻を買ったり、大河は相変わらず一豊君が一豊君でかわいかったり、大阪に行ったり、サッカーに行ったり、色々ありました。
 色々あったのです、が!
 色々と書きたいこともあるのです、が!
 とにかくそうした全てを横に置いておいて、『へうげもの』3巻ですよ!
 正確にいうと、『へうげもの』3巻におけるボスですよ!
 ボスというのは、もう何度も書いていますが、織田信長の弟長益。一般には、有楽斎の号で知られています。
 明智さんの謀反で本能寺が燃えた後、二条城で甥の信忠君を切腹させた際の、ボスの見事なピンチ切り抜けっぷりはもちろんですが、その後の、本能寺の焼け跡で左介に遭遇し、左介の家にご厄介になった、その辺りのボスが、格好よくて格好よくて、もうたまりません。
 そうだ私こういうボスが見たかったんだ、と。
 私が最高に夢を見たボスの、更に上をいく格好よさ。
 具体的にどの辺りかといえば、本能寺の焼け跡では、まずヒゲなし出家姿のビジュアルがまず満点。《ならばお前は真っ当な武人だと申すか古左》のコマの、下まつげの長いアップも、白目を剥く手前ギリギリの上目遣いが、すばらしくボスな感じです。
 ボスな感じ、といえば、左介がまだ選んでいる途中に、横から手を出して、自分の欲しい名物を取った上で、とりあえず自分をお前の所領に《かくまえっ》とのたまうのも、いかにもボスな感じ。このときの、今まさに走り出さんとするボスが好き。
 左介の家でのボスは、このピンチに、誰につくべきかを左介と語る場面で、頭の鋭いところを垣間見せてくれます。織田家を裏切らない、と言った左介に対し、返した言葉が、何ともボスらしくて嬉しい限りです。
 ボスにはボスの道理というものがあるのです。それは、盗人にも三分の理という程度の道理かもしれませんが、きちんとあるのです。あることはあるのです。ボスは裏切る。その代わり、他人の裏切りもアリだと考えている。ボスはきっと、誰に裏切られても恨まない。
 3巻は、巻末の登場人物紹介にもボスが登場。
 お好きな色は、ビリジアン・グリーンですって。
 3巻は、本能寺の変から光秀の敗走まで。途中、左介が信長殺しの真犯人を知ったりと、怒涛の展開です。おもしろいです。それはもう、感想をボスで埋めるのが申し訳なく感じられるほどに。
 それでも、埋めずにいられませんでした。山田先生、素敵なボスを本当にありがとうございました。ボスをボスと仰いでいて良かった、と思いました。


スポンサーサイト

目標は完全に沈黙しました。

 私信であります。
 昨日よりメール機能のダメになっていた携帯電話。本日、完全に壊れました。お店の開いている時間に帰ることができなかったため、修理に出すのは明日。すなわち、代替機を貸してもらえるのも明日。
 という訳で、今夜ひと晩、携帯電話の方で連絡とれません。ご用とお急ぎは、申し訳ありませんが、パソコンのメールの方でお願いします。



冒険者たちのバラード

 今週初め、兄家の娘さん2人が2人だけでわが家に遊びにきました。兄夫婦の仕事の都合&保育園等のお盆休みの都合で、1日、私があずかることになったのです。

 せっかく2人が来るのだから、と私は前日、近くのレンタルビデオ店に赴き、何本かのビデオやDVDを借りてきました。ラインナップは以下のとおり。

 先日、娘さんのうち大きい方が京都で金閣寺を見たというので、まずは『一休さん』。
 それから、私の趣味で某サンリオのうさぎアニメ。
 更に、実写で『妖怪百物語』。
 そして、夏休みに親戚の家に行ったら、何か恐いものを見たというトラウマの1つも持ち帰らないと、子どもの夏休みとはいえないだろう、ということで、何か恐い作品を探す。熟慮の末、ノロイ様にご出馬いただくことにしました。『ガンバの冒険』のテレビの方。映画と迷ったのですが、やはり、あのEDの恐さに震えてもらわなくては。だって、夕陽におまえと仲間のどくろがうつされてしまうんですよ恐ろしい。

 というわけで、上のビデオ&DVDを借りてきたのですが…
 ちょっと多すぎました。
 結局、うさぎアニメと『ガンバの冒険』は見られませんでした。
 娘さんが『となりのトトロ』のDVDを持ってきてくれまして、そちらに夢中になってしまいました。『トトロ』の原画さんに、某Jリーガーと同姓同名の方がいるよ!とか。

 で、今、見ないままに返すのも勿体ないので、『ガンバの冒険』を見たのですが…恐いね!ノロイ恐いね!もうね、所詮イタチだっていうことを忘れる恐さ。あれ、体長どれくらいなんでしょう?

 今朝は、テレ東系のテレビ愛知で『遊戯王』から『ふたご姫Gyu!』まで、ひたすらにアニメ視聴をしてしまいました(アニメではありませんが、『どらぐら』も見ました)。『ふたご姫』のEDが「学園
天国」であることに驚いたり、『わんわんセレブ―それゆけ徹之進』のOPがウッカリ良い曲で感心したりしました。


犬と遊べば

 こんばんは。どうも。本日2度目の更新です。
 何か書いてでもいないと、どうも今日はダメです。
 今、晩ご飯の後片付けを終えてきました。晩ご飯は冷や汁。それから空心菜と豆苗とエリンギの炒め物、ほか色々。鶏のから揚げとか。
 冷や汁は、父に指南を受けながら、私が作りました。作り方を忘れないために、メモしておきます。

1. 鍋にカツオとイリコのミックス出汁を作り、冷ましておく。キュウリ(1本)を輪切りにして、氷水にとっておく。
2. アジの開き(2枚)を焼く。焼けたら、骨、皮を取り除き、身だけにする。
3. すり鉢で炒りゴマ(1つかみ半)をする。すれたら、2.のアジの開きを投入。更にする。
4. ゴマとアジの開きが混ざってボソボソになったら、味噌(うちは赤味噌だが、何味噌でも良い。九州では麦味噌ですって)を入れる。カレーを食べるときに使うスプーンで、2~3杯くらい。適当。すり鉢の中味と混ざって、硬めのダンゴが作れますね、くらいに。
5. 4.に、1.の出し汁を混ぜる。かき回しながら、入れる量は味見をしつつ適当に。
6. 絹ごし豆腐(1丁)を、手で崩しつつ、5.に投入。豆腐をすり潰しつつ混ぜる。
7. 1.のキュウリを入れる。更に、斜め切りにしたミョウガと太めのせん切りにした大葉(どちらも適量)を入れ、混ぜる。
8. 出来上がる。ご飯にかけて食べる。

 食事中、母の友人が、冷凍の海老と肉を携え、犬を伴いご来訪。興奮して家中を駆け回る犬に、人間様(父と私)も大興奮。何かアレです。『誰寝』のヨリちゃんが飼っているような犬でした。白黒のホルスタイン柄。犬いいなあ。飼いたいなあ。


乙女のための『団地ともお』再び

 心落ち着かせるために『団地ともお』。
 先日、本屋に行った際、ふと、『団地ともお』の3巻を持っていないことに気づいて購入。
 今まで買わなかったことを後悔しました。1話完結マンガは、大体3巻くらいが、設定もキャラも固まってきておもしろい、ということを忘れていた私なんて一豊君(バカの意)だ!

 3巻で、私のお勧めベスト3は、クラスの女子がともおの手のベタつきをどうにかしようとする話、根津とみつおの話、そして、きなこパンを食べてしまった吉本が苦悩する話。
 次点で、より子がたにしマートのお兄さんに片思いする話。この話は、年上に片思い軍団であるところの、より子、吉本、よしのぶがかわいいです。3人の中では、よしのぶの恋が1番恋らしいかな。私好みのラブです。上手くいかないと思うけれど、上手くいってほしい。

 さて、『団地ともお』で、かわいいといえば吉本です。
 先にベスト3の1つとしてあげた話(13話「過去を振り返らないともお」)では、熱で上気した顔や上目遣いの思案顔など、ビジュアルも100点でしたが、それ以上に、吉本の魅力である、良い子さと小狡さに、ヘタレさまでが絶妙にブレンドされていました。
 ラストの展開では、2巻(?多分2巻)で、何故ともおと友だちをやっているのか、それは、ともおが見下せる相手だからではないのか、と指摘され、苦悩する話を思い出しました。あの話も良かった。
 吉本かわいい!というスケベ心を抜きにしても、この話は良い話でした。欠席したクラスメイトの給食はどうすべきか、を話し合う学級会で、委員長の背後の黒板に、
《食べちゃう》
《飲んじゃう》
と書いてある、緊張感のなさが好き。給食を家まで届けるの反対派であるケリ子の、
《私は休んだ子の分を食べたいです!!》
が好き。
 上のセリフに対し、みつおが心の中でツッコむ、
《ケリ子は欲望にストレートだよな…》
が好き。

 そう、みつお!
 ここまでウダウダと書いたように、3巻は良い話満載なのですが、中でもベストはみつおの話!正確には根津とみつおの話!6話「汝の隣人がライバルだぜともお」。

 以下、激しくネタばれなので、追記で。


 『団地ともお』について書いているうちに、だいぶ気分が上向きになってきました。そろそろ公式も…明日くらいには見ます。

 3巻裏表紙の、リコーダーを吹く、片足をちょっと上げたより子と、ケリ子が履いている黒いタイツ(おそらく綿、厚手、毛玉のボロボロできるやつ)に、拍手。
 委員長が、靴下だけレースのついたやつを履いているのや、名前は分からないけれど、クラスの女子に、真ん中にリボンのついたカチューシャをしているツリ目の子がいるのにも。ディティール万歳!ディティール万歳!したい。





『功名が辻』第31回「この世の悲しみ」

 ボ、ボス…?強面だなあ。
 クレジットによれば、アンドレさんという方らしいのですが、どんな方なんでしょう?

『功名が辻』第30回「一城の主」

 ただいま再放送を視聴しました。
 もう30回、折り返し地点も過ぎているのですね。早いなあ。
 しかし、公式サイトで写真を見ると、一豊君も千代も、確かに最初の頃とは別人のように見えます。
 さて、そんな長い時間の経過を反映したかのように、話は遡りまくりだった今回。茶々役の永作さんは、まるでribbonの昔に遡ったかのようなご容姿でした。「リトル☆デイト」とか、今でも聴きます。

 我らが一豊君には、今回からヒゲが生えました。ヒゲ豊君の意外なかわいさに、驚いております。
 一豊君は、ヒゲが生えると同時に、なぜか頭の悪さも増したようです。
 覗いてる!覗いてるよ!(康豊君がお部屋のご手配時)
 ポカーンだよ!ポカーンだよ!(空になった蔵を前にして)
 動物園で、
「うわあ!ゾウさんゾウさん!ウンコしてるよ!」
と興奮する子どものように、テレビ画面を指差して騒いでしまいました。
 一豊君ご一家は、長浜城に早々になじんだ模様。そうなると、改めて吉兵衛がいないのが寂しいです。
 数年前、祖父の80歳のお祝いで、親戚一同揃って長浜に行きました。すごーく良い所でした。
 また行きたいなあ、と思います。
 長浜、掛川…『功名が辻』ツアー。一緒に行きませんか、村井さん?

 一豊君の弟、康豊君が戻ってきました。
「康豊!」
って、嬉しそうな一豊君。かわいいなあ、もう。
 この後、この2人はいかにも男兄弟らしく、頭の悪い兄弟ゲンカをくり広げて、千代だの母上だのを困らせたりするそうですが、良いのです。
 山内家のご兄弟は、二人揃って大人げないのが良いのです。
 言葉の正しい意味でバカ兄弟だから仕方がない、と周りの人も諦めてくれると信じます。

 この後の展開を知っているだけに、秀次君を見ると悲しく、よねちゃんを見ると更に悲しい。
 歴史は歴史だから仕方がないけれど、何とかならんかな、と思います。
「国主さま」
と、千代と一緒に一豊君の周りをぐるぐるしている姿にも、涙がにじみました。欲を言えば、もっとバターになるくらい激しく、一豊君の周りをぐるぐるしてほしかった。むしろ一豊君をバターにするくらいの勢いで、回ってほしかった。
 ねね様の、よねちゃんは、頭の良さも顔も千代似で良かったね、に笑いました。
 一豊君は、老若男女問わず、小馬鹿にされているのが良いのです。




 ら、来週はボス登場?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。