123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の戦い

今朝、まみちゃんが洗面所の排水口に落としたコンタクトレンズケース。
たったいま、私が救出しました。

U字形の排水管の水たまりの部分に落ちたケース。
水道屋さんを呼ぶことも考えましたが、お金が好きなので、できれば自力で何とかしたい。
プロに頼るのは最終手段にしよう、と決め、まず、排水管の真ん中のところ、U字の下がった部分を外しました。

排水管にタオルを巻き、その上から力まかせに回したところ、意外と簡単に外れました。
もし取り付けなおすことができなかったら、最終手段だな!とドキドキしつつ、外れたところへ指を入れると、落ちたケースに、確かに指が触れます。

しかし、ケースの大きさと排水管の太さ的に、下から引っ張り出すことは叶いませんでした。
これは、排水管の中に、棒状のものを何か入れて、押し上げた方がいいかもな、と考えました。
(その前に、一度、排水管の外した部分をタオルなどでふさぎ、上から水を流したら浮き上がるんじゃないの?と考え、床をびしょびしょにしています)

棒状のもの、コンタクトレンズケースの落ちている場所と、排水口の距離から考えて、最低でも40~50センチ…そんな長さの、しかも細くて排水管のカーブにも対応できるしなやかさを持った…と考えつつ、ふと目に留まったのが、洗面台の隣に置かれた洗濯機の上に置かれたクリーニング屋さんのハンガー。
こういう、ありあわせの材料を寄せ集めて、物事をどうにかすることを、フランス語でブリコラージュというそうで、つまり、私はブリコルールです(よく分かっていません)。

ハンガーの物干しざお等にかける部分に近いところ、くるくると巻いたところのくるくるを、再び力まかせにほどき、棒状になったハンガーを、排水管の中に差し込みました。
そして、今や太めの針金と化したハンガーの先でもって、コンタクトレンズケースを押し上げ、ある程度上がってきたところを割り箸で挟んで摘み上げ…。
思わず、その場で万歳三唱してしまいました。

取れた!取れたよ!

その後、外したときと同じ要領で排水管の外した部分を取り付けなおし、任務完了です。
おそるおそる水を流してみたところ、今のところ、水漏れもないようで、やった!勝った!という気分でいっぱいです。
よくやった!よくやった私!
とりあえず、この私の戦いの受益者であるところのまみちゃんが、早く帰ってきて私を称えないものか、とオラワクワクしています。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

あなたのその

>お金が好きなので
正直な生きざま、すごく好きです。
しかし水道管を外す云々は男子の仕事では…?
この場合、あなたの男子力と狸の人の女子力、
どちらを讃えるべきなのか私にお導き下さい。
ただし、讃えるのもタダじゃねー感じ。

ノ@ヤポンスキ | URL | 2013年06月28日(Fri)00:39 [EDIT]


良かったよかった

あれから数日経ちましたが、今も水もれなく、うまいこと行っています。
やっぱり、あのときお金を出さなくて正解だったな!と思っています。
讃えたければ、讃えてもいいですよ?(有料

123号 | URL | 2013年06月28日(Fri)09:56 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。